fbpx

バイデン政権「ワクチン義務化」で解雇者続出、警察も消防士も人手不足へ。悪性インフレが襲う米国の現状=高島康司

コロナワクチン接種の義務化や物価上昇をめぐって、アメリカ国内の分断がより鮮明になってきた。バイデン政権の支持率は急落し、政府も機能しなくなりつつある。ワクチン拒否を理由とした解雇者が膨れ上がる懸念があり、労働力不足がまたインフレに拍車をかけることになる。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

【関連】米国で失業給付が終わっても「働かない人」続出の異常事態。労働力不足とサプライチェーンの寸断が世界恐慌の引き金に=高島康司

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2021年11月12日の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※毎週土曜日or日曜日16:00からLIVE配信予定「私たちの未来がどうなるか考える!メルマガ内容の深堀りと視聴者からの質問に答えるQ&A」世界中から情報を収集、分析し、激変する私たちの未来を鋭く予測する『ヤスの備忘録』でおなじみ、ヤスこと高島康司さんのライブ配信が大人気。世界の未来を、政治経済の裏表だけでなく、歴史、予言、AI、陰謀、スピリチュアルなどあらゆる角度から見通します。視聴方法はこちらから。

アメリカ国内のインフレ状況

アメリカのインフレを巡る危険な国内情勢について解説したい。

日本の主要メディアでも報道されているので周知だと思うが、バイデン政権の支持率低下が止まらない。

もともとバイデンは、大統領選挙の妥当性が論争の的になり深刻な分断が進むアメリカで就任した大統領なので、50%を越える支持率の実現は難しいとされていた。どんな政策を実施しようとも、共和党のトランプ支持派は絶対にバイデン政権を支持することはないからだ。

しかしながら、そのような状況を勘案しても、いまのバイデン政権の急速な支持率低下のスピードは予想を越えている。

以下がバイデン政権の支持率の推移だ。客観的な政治報道で有名なサイト、「リアル・クリア・ポリティックス(RCP)」の公表している数値を参照した。

1月27日:55.5%
3月1日:55.4%
4月1日:53.4%
5月1日:53.7%
6月1日:53.6%
7月1日:52.3%
8月1日:51.8%
9月1日:45.8%
10月1日:45.2%
11月1日:43.0%
11月9日:42.8%

このままの勢いで下がり続けると、12月から来年の1月になると、30%台まで支持率は下落する可能性がある。30%台というと、アメリカを分断させたトランプの支持率に並ぶことになる。

バイデンの人気が回復しない6つの理由

こうした状況に対して、アメリカの保守を代表するケーブルテレビ、「FOXニュース」は「バイデンの人気が回復しない6つの理由(The 6 reasons why Joe Biden’s popularity numbers won’t recover)」で、バイデンの支持率が急速に下がった要因を説明している。それらは以下の理由だ。

1. バイデンの指導力の欠如。側近が政策を立案している。

2. 民主党が左派に一段とシフトしている。左派は社会的弱者救済のセイフティネットの支出増大を求めるが、恩恵にあづかる層の支持は高いものの、他の層は強く反対。

3. バイデン政権の政策が支持率を下降させている。米軍のアフガニスタンの撤退混乱、巨額の経済政策によるインフレの加速などだ。

4. ハリス副大統領は自分のオフィスをまとめ切れていない。混乱しているように見え、人気がない。逆に大統領の支持を低めている。

5. バイデンが選出された大きい理由は、彼がトランプではないという消極的理由からだ。バイデンを積極的に支持したものではない。時間とともに、この理由からの支持は後退した。

6. 特にトランプ以降のアメリカは社会が分断。現在共和党と民主党は激しく対立し、一方が相手陣営の大統領を評価することはほとんどない。この事実は50%越えの支持率を困難にしている。

「FOXニュース」というトランプ支持の保守的なメディアなので分析は差し引いて考えたほうがよいだろうが、本質はついていると思う。

Next: 悪性のインフレがアメリカ国民を貧困に陥れている

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー