fbpx

これからの「格差」の話をしよう トップ1%が富を独占する世界のカラクリ

拡大し続ける貧富の差は、日本はもちろん世界的な問題となっています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者、北野幸伯さんによると「世界の貧しい36億人分の資産と、トップの金持ち62人の資産はほぼ等しい」のだそうです。なぜここまでの貧富の差が世界には存在しているのでしょうか? そこには驚くべき米国FRBの構造が関係しているようです。

世界の支配者は誰?

今日は、「この世の支配者は誰?」を考えてみましょう。

ところで、皆さんの会社の支配者は誰ですか? そう、普通は、社長さんだったり、会長さんだったりですね(株主もいますが)。社長さん、会長さんは、一番金があり、地位も高い。そして、他の人の給料を上げたり下げたりすることもできる。誰かがさぼっていても、さぼっていなくても、首にすることもできる。まさに、「会社の支配者」です。

こういう見方をもっと広げてみましょう。

皆さん、アメリカで数年前、「俺たちは99%だ!」という大規模な運動が起こったことを覚えておられるでしょう。意味は、「アメリカ人の1%はますます豊かになり、99%はますます貧しくなっている」というのです。私は、この運動の話を聞いて、「うまいキャッチフレーズだな」と思いました。要するに、「本質はそうかもしれないが、少々大げさだ」と思った。ところが、最近「それは本当なのだよ」という調査結果を知ったのです。CNN.co.jp 1月18日から。貧困問題に取り組むNGOオックスファム・インターナショナルは、最新の報告書を出しました。そこには「驚愕の事実」が明らかにされています。

オックスファムは今週スイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に向け、米経済誌フォーブスの長者番付やスイスの金融大手クレディ・スイスの資産動向データに基づく2015年版の年次報告書を発表した。それによると、上位62人と下位半数に当たる36億人の資産は、どちらも計1兆7,600億ドル(約206兆円)だった。
出典:CNN.co.jp「貧富の格差増大、上位62人と下位36億人の資産が同額」 2016年1月18日掲載

どうですか、これ?

上位62人と下位半数に当たる36億人の資産は、どちらも計1兆7,600億ドル(約206兆円)だった。
出典:同上

つまり、トップの金持ち62人の資産は、貧しい方36億人の資産に匹敵する!

また、オックスファムの報告書は、「格差が急速に拡大していること」をはっきり示しています。

富裕層の資産は近年、急激に膨れ上がっており、上位グループの資産はこの5年間で計約5,000億ドル増えた。一方、下位半数の資産は計1兆ドル減少した。
出典:同上

上位グループの資産は、5年間で60兆円(!)増えた。下位半数の資産は、5年間で120兆円(!)減った。さらに、驚きの事実が出てきます

また、上位1%の富裕層が握る資産額は、残り99%の資産額を上回る水準にあるという。
出典:同上

上位1%の資産は、残り99%の資産額より多い!!!

もう少し広くみてみましょう。

富裕層と貧困層の所得格差も拡大を続けている。1日あたりの生活費が1.90ドル未満という極貧ライン以下の生活を送る下位20%の所得は1988年から2011年までほとんど動きがなかったのに対し、上位10%の所得は46%も増加した。
出典:同上

世界には、1日当たり1.9ドル(=228円)、つまり月7,000円以下で暮らしている人が、20%もいる。世界の人口が73億人とすると、14億6,000万人もいる。どうですか、皆さん。私は、かなり驚きました。もう一度。

トップ62人の資産は、下から36億人分の資産と同じ。
トップ1%の資産は、残り99%の資産より多い。
世界には、月収7,000円以下の人が14億6,000万人もいる。
貧富の差は、ますます拡大している。
これを読んで、「俺たちは99%だ!」というのは、「事実なのだな」と知ったのです。

ところで、「36億人分の資産をもつ超富豪62人」って、どんだけパワーもっているんでしょうね?

Next: 世界の36億人分の資産を持つ62人の支配者の力はどこから来るのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい