fbpx

売名だった…片山さつき、舛添都知事と「なぜ結婚してなぜ別れたのか」に答える

自民党参議院議員の片山さつきさん(57)が27年前に離婚した元夫である舛添要一東京都知事(67)との結婚、離婚について5月17日発売の週刊誌『FLASH』誌上で答えた。

片山さんは記事の一部を自身のTwitterにも掲載したうえで、「去年亡くなった父が今回の顛末を見たら何というかなと思います」と言葉を添えている。

結婚当時の片山さんは27歳、舛添都知事は10歳年上。2人はお見合い結婚だったが、舛添氏について「利用できる人はなんでも利用する人」「彼にとって他人は、利用する、あるいは寄生する対象でしかない」「私との結婚も、大蔵省の女性キャリアという肩書を利用したかっただけ」であったと振り返る。

結婚生活において、片山さんは手取り20万円ほどの月給から5〜10万円を家に入れることを強要された。片山さんが仕事で遅くなると激昂され、周りの物を投げつけられたという。

別居を決めた片山さんは、父親に家財道具を取りに行ってもらったが、私物には上から踏みつけたとしか思えない跡があったという。

片山さんが離婚を決意したのは結婚からわずか3ヶ月。そのとき、舛添氏には愛人がいて、妊娠中であることもわかっていた。だが、舛添氏は離婚調停には応じず、離婚が成立したのは2年3ヶ月後だった。

片山さんは最後に、現在の舛添都知事について「品性、品格のある政治など、この人には無理。それでも、都知事に居座るでしょうね。ここで辞めたら、もう後がないから。引き際とか考える人じゃないんですよ」と語っている。

関連:片山さつきTwitter
関連:光文社/FLASH最新号
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】ゲス川谷、取材拒否!「ミヤネ屋」のゲスな取材方法が話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい