fbpx

東証2部転落のシャープを鴻海はどうするつもりか? 3つのシナリオ=栫井駿介

今のところシャープへの投資にうまみはない

これまで見てきたように、鴻海が議決権の2/3を保有している以上、シャープ株に投資するうまみはありません

唯一の明るい話題は、液晶の処理が終わることで、シャープが再び尖った商品を市場に送り出すようになる可能性があることです。

鴻海の製造能力と資金力にシャープのアイデアが加わることで、これまでにない革新的な商品を生み出せないとも限りません。もちろん、そのためには経営陣や従業員の努力が大前提です。

6月23日の株主総会では、鴻海出身の戴正呉氏が社長に就任することが予定されています。これまでテリー・ゴウの下で働いていた彼がどれほど独自性を発揮できるかは未知数ですが、その手腕に期待したいところです。

つばめ投資顧問は相場変動に左右されない「バリュー株投資」を提唱しています。バリュー株投資についてはこちらのページをご覧ください。記事に関する質問も受け付けています。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】スズキ株急落~投資家は三菱自動車の「二匹目のドジョウ」を狙えるか?=栫井駿介

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2016年5月29日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい