fbpx

アメリカの本音、日本の岐路。在日米軍撤退をちらつかす大国の意図=北野幸伯

アメリカ次期大統領候補・トランプ氏の「日本が米軍駐留費を全額負担しないのならすぐにでも撤退する」という発言が話題になりました。この発言に現在のアメリカが置かれている状況、そして今後の日米関係を占う重要なヒントが隠されているというのは無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。読者の質問に答える形で、アメリカの思惑と日本が進むべき道を論じています。

日本に要求を突きつけるトランプ。日本にとってベストの対応は

なぜアメリカは、日本に「自立」をうながすのか?

読者のSさまから、二つの質問をいただきました。今日はご質問2にお答えします。まずは、Sさまのメール後半から。

【関連】日米同盟は永遠なのか?アメリカが再び日本の敵に回る日=北野幸伯

安倍首相になってから、少なくともメルマガ読者は国益に沿う言動が増えてきたと感じているんじゃないかと思います。

でもこれは、安倍首相個人の能力もあるとは思いますが、大きな部分ではそのような言動をとっても許される環境に変わってきたためじゃないかと思っています。

具体的には米中韓の戦略なり圧力なりが変わってきたのでは?

分かりやすいところでは、まだ大統領になってもいないし、ブラフ発言かもしれませんがトランプは明らかに日本に自立を求めています。

トランプ発言にかかわらず、実態としていままで自立を押さえつけていた勢力が自立を促し始めたように感じられるのですが、そのような流れの解説と根拠があればご説明頂けるとありがたいです。

「自立を押さえつけていた勢力が、自立を促し始めたのでは?
「だとすれば、なぜ?」

というご質問です。

Next: 日米安全保障条約の裏に隠された意外な「目的」

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい