fbpx

ファーストキッチン消滅!? 日本「ハンバーガー戦争」の勝者は誰だ=安部徹也

ウェンディーズがマクドナルドに取って代わる日

このようなライバル企業の攻勢を目の当たりにして、負けるわけにはいかないと一気に日本市場の攻略を図る戦略が、ファーストキッチンの買収だったのではないでしょうか。

ただ、ウェンディーズは今回の買収にあたって、闇雲に大きな賭けに出たわけではありません。

慎重に効果を検証したうえで、十分な投資効果が期待できるという結論に至ったのです。

ウェンディーズは、買収の決断を下す前に、まずは試験的にウェンディーズとファーストキッチンを合体させたハイブリット店舗を六本木と上野の2店舗で展開します。

もともと女性に人気のメニューが豊富なファーストキッチンと、男性に人気のボリュームのあるメニューを揃えるウェンディーズという組み合わせは予想以上の功を奏し、売上は2割程度アップするという結果につながったのです。

このマーケティングテストにより、コラボレーションの効果を確信したウェンディーズは、日本のハンバーガー市場で再び存在感を示すべく一気に100店舗以上の店舗網を獲得する買収へゴーサインを出したということなのでしょう。

今後、ウェンディーズはファーストキッチンのブランドはそのまま残し、一部をハイブリッド店舗に改装して、売上アップを図っていく戦略を発表しています。

マクドナルドという圧倒的リーダーが、パワーを失いつつある日本のハンバーガー市場でファーストキッチンという業界第5位のハンバーガーチェーンを得たウェンディーズは台風の目となることができるのでしょうか?

試験店舗で成功を収めたように、両ブランドの強みをさらに強化できるようなシナジーを発揮できれば、業界の勢力地図が塗り替えられたとしても決して不思議なことではないでしょう。

【関連】「業務スーパー」の栄光と挫折~インサイダー取引疑惑の神戸物産、最悪は上場廃止も=栫井駿介

1 2 3 4

ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(2016年6月9日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

[無料 ほぼ 週刊]
【読者数日本最大級のMBAメルマガ!】ワールドビジネスサテライトなど数々のビジネス番組に出演し、わかりやすい解説が好評を得ているMBAホルダーの経営コンサルタントが経営戦略やマーケティングなど最先端のMBA理論をベースに、巷で話題の企業の戦略の裏側に迫ります!読むだけで、ビジネスで結果が出るMBA理論を身につけることができます。日経新聞にてビジネススクールで学ぶ最先端のMBA理論をわかりやすく学べるメルマガとしても紹介され、ウィークリーまぐまぐでは『マーケティングの流れをつかむ30誌』にも選出いただきました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい