fbpx

いつもと違う夏!? 目前に迫る「2016年参院選」が株価に与える影響は=馬渕治好

今週は、先週の株価・外貨の戻り地合いが継続すると予想しますが、内外ともにパンチのある材料が乏しく、二進一退の相場付きで、上値は重いままになりそうです。そのような中で参院選の投票が7/10(日)に迫り、議席予想も足元の情勢を交えて、さらに多く発表されるでしょう。(『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』)

※本記事は『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』(2016年7月3日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。月初の購読は特にお得です!

参院選前後の株価はどうなる?市場動向の注目ポイント

戻り基調継続も上値は重い

英国のEU離脱が、日本や米国など非欧州諸国の経済実態に与える影響は極めて限定的である、という見方は変わりません。そのため、6/24(金)の内外市場の反応は過剰であり、先週その安値からの市況回復があったのは、当然の動きだと考えています。

したがって、今週の世界市場においても、そうした株価・外貨相場の戻り基調が継続すると予想します。ただし、今週は、株価や外貨相場の上昇を力強く後押しするような材料に欠け、既に先週表れていた、上値の重さも続きそうです。

注目指標は6月米雇用統計

内外の経済指標で最も注目されるのは、やはり週末(7/8、金)の米国の6月分の雇用統計でしょう。今のところ市場では、失業率は5月の4.7%から4.8%に小幅上昇するものの、非農業部門雇用者数前月比は、5月の3.8万人増という低い数値から、17.5万人増に回復すると見込まれています。

やはり、5月分の失業率の低下と雇用者数の伸びの低さという、ちぐはぐな数値が異常値だった、という見解なのでしょう。とすると、市場の予想通りの数字となっても、投資家はどう解釈したらよいのか、消化不良になると思われます。

日本国内では大手小売り決算

日本国内では、小売を中心とした2月決算企業の、3~5月期四半期決算の発表が続きます。今週はイオンセブン&アイなど、大手小売りの決算が多いです。消費者心理が警戒的なところから、低価格品は好調だが高価格品が不振だ、と伝えられており、そうした消費のデフレ的な動きが、小売企業の収益にどの程度影響しているかが、注目されそうです。

注目の参院選、自民単独過半数確保か

参院選の投票も7/10(日)に迫り、議席予想も足元の情勢を交えて、さらに多く発表されるでしょう。

このところの議席予想の精度が高いと評判になっている、ヤフー・ジャパンのビッグデータ分析(6/30、木 付)では、自民党は改選121議席のうち、57議席を得ると予想されています。非改選議席が65あるので、自民党は合計で122議席となり、参議院全議席(242)のぎりぎり過半数を、公明党抜きで得ることになります。

Next: 改憲勢力「2/3議席」は実現するか?市場の反応は

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー