fbpx

「ヘリマネ妄想」に取り憑かれた市場、冷水を浴びせる7月日銀会合=E氏

揺らぐFRBへの信認

このように、7月上旬の雇用統計を契機に、世界は米国株発の過度な楽観相場が続いています。

雇用統計でなぜこれほどまで妄想が進むのかについては、雇用統計後の記事で詳細したように、FRBが金融政策を放棄するような無責任な発言をしたせいです。

通常、強い雇用統計が出ればマーケットは「早期利上げ観測」が台頭することで、マーケットの過熱感を調整させますし、FOMCメンバーもそうリードするような発言をします。しかし、6月FOMCで、「いろいろ不透明なので何があっても当面利上げはしない」というメッセージを出してしまいました。

つい数か月前までは6月利上げをマーケットに織り込ませるため、多くの要人が6月利上げ支持の発言を繰り返していたのです。それが6月FOMC以降、突然利上げ時期を明示しなくなり、ちょっとくらい強い指標が出ても年内利上げはしないようなトーンを出してしまったので、「景気がどんなに過熱しようが、マーケットがどんなに過熱しようが、どんなに強い統計が出ようが、FRBは動かない」とマーケットが取ってしまったのです。

先々週以降、再度FOMCメンバーはタカ派的な発言に修正しましたが、「利上げやるやる詐欺」と思われているので、マーケットは全く聞く耳を持たなくなっています。つまり、FRBの信認が低下したのです。

暴落前夜

マネーは全く増えていないというのに米国株が上げ続けるので、現在の米国株はリーマンショック以降で最も過熱している状態と言っても過言ではありません。

なので、何かのトリガーで膨らみきった風船は突如破裂する危険を孕んでいます。また、フランステロ、トルコクーデター未遂、ドイツの乱射事件など、毎週末のようにイスラム教徒に絡んだ地政学的リスクが発生しているので、人々のセンチメントは下方/リスクオフに向かい易い状態になっています。

風背が破裂したら一気にリスクオフに向かうので、円は再度急騰するでしょう。そうなると、米国株と円相場という二つのエンジンで大幅高を演じてきた日本株は、一気に逆回転の売り浴びせを喰らう可能性が高いです。

今のマーケットは、「○○ショック」等のように名前がついている過去の暴落前夜に近いかなり危険な状態です。

【関連】ポケモンではない本物の怪物「トランプ大統領」相場で何が起こるか?=斎藤満

【関連】「日高記者、許さん!」投資家がアナリストや記者に責任転嫁することの損失

【関連】バフェットの心変わり。なぜ賢人はIT企業への投資を決断したのか?=東条雅彦

1 2 3

元ヘッジファンドE氏の投資情報』(2016年7月25日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

元ヘッジファンドE氏の投資情報

[無料 ほぼ 週刊]
日本株のファンドマネージャーを20年以上、うち8年はヘッジファンドマネージャーをしてきたE氏による「安定して稼ぐコツ」「相場の見方」「銘柄情報」を伝授していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー