fbpx

円高なのに下がらない日経平均株価は「18,000円」を目指している=長谷川雅一

日銀のETF買い入れ額倍増で、相場の流れが変わりました。円高にもかかわらず日経平均はじわりじわりと上昇。こういう「ゆるやかな上昇」は長続きしやすい傾向があります。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』長谷川雅一)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

指数は底堅いのに個別銘柄の売買が難しい今の相場のポイント

日経平均は17,500円、そして18,000円を目指す

7月29日に日銀が、「ETFの買い入れ額を3.3兆円から6兆円に、ほぼ倍増する」と発表したことで、相場の流れが変わりました。

一気に急騰するような、派手な値動きにはなっていませんが、1ドル101円~102円(※編注:8/14本稿執筆時点)という「円高」の持続にもかかわらず、日経平均はじわりじわりと上昇を続けています。

こういう「ゆるやかな上昇」は長続きしやすい傾向があります。日経平均は17,000円を抜いて、さらに上昇し、17,500円に到達するのでは、と見ています。

【関連】「99%の投資家は小さく勝って大きく負けてしまう…」その一歩先へ!=田渕直也

17,500円付近では、さすがに調整(下落)がありそうですが、調整を「浅く短く」すませることができれば、日経平均は再上昇して、次は、18,000円を目指す可能性があります。

今のところ17,500円の上は「不確実」な領域ですが、17,500円到達については、かなり確度が高くなっているように感じています。

個別銘柄の売買は難しい

日経平均は先週、ときおり調整をはさみながらも上昇を続けました。8月8日(月)の日経平均の「始値」は16,462円で、祭日をはさんで週末12日(金)の終値は16,919円でした。4日間で457円の上昇です。

しかし、日経平均が堅調なわりに、個別銘柄の売買では「あまり儲からない」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。

たとえば、8日(月)の寄付で、スズキ<7269>を買ったとします。8日の始値は3,379円でした。週末のスズキの終値は3,282円。これほど相場が堅調な中、97円の値下がりと、日経平均とは逆に下落しています。

実は自動車セクタはまだ「マシ」で、現在、いわゆるディフェンシブと言われるセクタの銘柄を中心に、日経平均に逆行する形で低迷、または下落している銘柄が多く、「日経平均が上がっている割に儲からない」相場になっています。

建設ダメ、食品ダメ、小売ダメ、薬品ダメ、銀行も失速。任天堂(ポケモンGO)フィーバーも完全に終焉を迎えた今、「これ」といった銘柄が見あたりません。

Next: 個別がダメならETFがあるさ。ただし飛びつき買いは禁物

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい