fbpx

LINE、3分の1戻しクリアから全値戻しへ 渋谷区とパートナー協定締結など材料豊富

LINE<3938>の株価水準は、最高値からIPO2日目にまどを開けて調整最安値をつけたが、この調整幅の3分の1戻しをクリアし2日目に開けた窓を埋めている。(『日刊株式投資情報新聞』)

今12月期第2四半期(2016年1月~6月期)累計業績は黒字転換

追撃材料豊富

LINE<3938>(東1)は、70円安の4185円と続落して始まっている。今年8月1日につけた上場来安値3780円からの底上げ途上にあり、目先の利益を確定する売り物が先行している。
※編注:8/12(金)の終値は20円安(-0.47%)の4235円となった

ただ同社株は、今年7月15日に新規株式公開(IPO)されたばかりで、初決算として7月27日に発表した今12月期第2四半期(2016年1月~6月期、2Q)累計業績が黒字転換して着地したことを見直し、12月通期業績への期待を高めて下値には直近IPO株買いが交錯している。

8月3日に東京都渋谷区と行政サービスのパートナー協定を締結したことや、ここにきて内外の証券会社が、最上位の投資判断や強気の目標株価で新規にカバーを開始したことなども追撃材料視される展開も想定される。

【関連】赤字発覚のLINEが「上場ゴール」ではない合理的な理由=栫井駿介

四半期ごとの営業黒字転換幅が拡大し12月通期純利益も黒字転換観測

2Q累計業績は、売り上げが673億1000万円(前年同期比19.8%増)と大幅に続伸し、営業利益が133億6700万円(前年同期は9億3400万円の赤字)、税引前利益が106億8800万円(同10億4400万円の赤字)、純利益が28億6600万円(同53億5200万円の赤字)とそれぞれ黒字転換した。

四半期別の3カ月間の営業利益は、今期第1四半期(2016年1月~3月期、1Q)に53億3800万円と黒字転換したが、2Qではその黒字額を80億2900万円にさらに伸ばした。

LINEビジネス・ポータル事業を中心に事業展開を積極推進、LINEのMAU(月間ユーザーアカウント数)が、2Q末に前年同期比4.1%増の2億2000万人、うち主要4カ国のMAUが、同20.8%増の1億5700万人となり、新商材のポップアップスタンプをリリースし、LINEクリエイターズ着せかえを新規に開始、広告売り上げでも従来のメッセンジャー型広告に加え、6月にLINE Ads Platformを開始しパフォーマンス型広告が収益に着実に寄与したことが要因となった。

同社は、モバイルアプリケーション市場が国内外で急激に変化し不確実性が存在するとして今12月期通期業績の予想を開示していないが、第3四半期も営業黒字を達成できるとしており、12月通期業績も黒字転換、純利益は、40億円程度の黒字(前期は79億7200万円の赤字)と観測されている。

Next: 3分の1戻しをクリア、全値戻しへの期待感高まる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい