fbpx

「外国人労働者受け入れ」が、日本人による人種差別でしかない理由=北野幸伯

「移民問題」の本質

私は、移民全般に反対ではありません。シリコンバレーに来るような優秀な人材はどんどん入れるべきだと思います。しかし、「3K移民」にはずっと反対しつづけています。なぜでしょうか? それが、「差別だからです。

なぜ、差別?口に出していうかは別として、「移民推進派」の本音は、「日本人が嫌がる仕事は、貧しい外国人を安く雇ってやらせればいいさ!」だからです。これは、差別ではないですか? 「移民推進派」の人たちは、「優秀な外国人が日本に繁栄をもたらす」などといいます。しかし、実際に大量に入れているのは、「3K移民ばかり」なのです。

渡部先生は、おっしゃいます。

たしかに、「人手が足りなかったら外国人労働者を入れるべきで、それが国際化というものだ」と主張する日本人もいる。しかし人手が足りないような仕事は、日本の青少年が嫌がる仕事であり、だから人手が不足なのである。そこへ外国人を入れよというのはまことに失礼な発想だ。しかも安く上がるからというのでは、さらに失礼な発想だろう。

日本人が嫌う仕事を、金があるのを幸いに外国人にさせようというパターンは、レイシストのそれと少しも変わらない。

同感です。

渡部先生は、「外国人労働者」「移民」ではなく、「ロボット化」によって、日本は繁栄しつづけることができると考えておられました。私もそう思います。

【関連】著名投資家のジム・ロジャーズが「北朝鮮の内部崩壊」を確信するワケ=東条雅彦

【関連】「レジ無人化」による雇用喪失を、日本人が心配しなくていい理由=三橋貴明

【関連】安倍さんに教えたい「若者が結婚・子育てできない」下流日本の処方箋=北野幸伯

1 2 3

ロシア政治経済ジャーナル』(2017年4月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー