fbpx

知らないと大損! パート主婦「新・106万円の壁」の重要ポイント=新美昌也

これまで会社員の妻は「103万円」と「130万円」の2つの壁を意識して働き方を調整してきました。年収103万円超で所得税がかかり、年収130万円超で夫の扶養を外れるからです。しかし、2016年10月から厚生年金適用の基準が拡大されました。今後、パートの働き方はどう変わるのでしょうか。(『お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク』新美昌也)

「130万円の壁」が「106万円の壁」に。パートの働き方はどう変わる?

年収調整をしながら働いている人は要注意

パート社員は、正社員の労働時間の4分の3(例:所定労働時間が週40時間の場合は週30時間)に満たないと厚生年金に加入できません。会社員の妻は、年収103万円を超えると所得税がかかり、夫の配偶者控除にも影響が出ます。また、年収130万円を超えると夫の扶養を外れ、自分で社会保険料を払うことなります。

ですから、実際には、会社員の妻は、「103万円」と「130万円」の2つの壁を意識して働き方を調整しています。

【関連】株も不動産も奪われる! 預金封鎖よりも怖い「財産税」の傾向と対策=東条雅彦

特に年収130万円以上になると夫の扶養から外れ、自分で社会保険料を支払わなければならず、手取りが減る可能性があるので、130万円を超えないように時間を調整している人が多いと思います。

中小零細企業では、パート社員が厚生年金加入の条件を満たすと、保険料の半分を会社が負担しなければならないため、できれば年収130万円未満で働いてほしいと思っています。

2016年10月からの変更点

ところが、2016年10月から厚生年金適用の基準が以下のように緩和されます。

  • 週20時間以上
  • 賃金月額8.8万円以上(年収106万円以上)
  • 勤務期間1年以上
  • 従業員501人以上の企業

つまり、「130万円」の壁が「106万円」の壁と低くなります。このため、対象企業のパート社員の方は、106万円未満に収入を調整する動きも少なくないようです。

当面は、従業員501人以上の企業が対象ですが、数年後にはすべての企業に拡大されることが予想されます。

ただしこれには、自分で厚生年金や健康保険の保険料を負担(企業と折半)することにより、将来の年金額が増えたり、働けなくなった時に「傷病手当金」を受給できたりといったメリットもあります。目先の損得だけではなく、中長期的な損得も考えて働き方を考えてみましょう。

【関連】なぜ年金は溶けたのか?「GPIF運用損5.3兆円」の危なすぎる内訳=斎藤満

【関連】豊洲市場「空洞」騒動の真実。なぜデマが世論を席巻するのか?=内閣官房参与 藤井聡

【関連】働けない時の収入を保障する「就業不能保険」アフラック参入で激戦に=釜口博

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク』(2016年9月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク

[無料 随時・月4回以上]
このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローンの選び方、年金テクニックや節税術を実務家FP(ファイナンシャル・プランナー)の新美昌也がわかりやすくお伝えします。生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを考えるきっかけになれば幸いです。最近「民間介護保険」「進学マネー講座」「中小企業の財務力強化」専用サイトも開設し、メルマガの内容のワンランクアップの情報を発信しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー