fbpx

7月以降は株価下落?「米国大統領就任1年目」の不吉なアノマリー=今市太郎

相場の下落に拍車をかける「6月FOMC」

足元の米国経済は、自動車の販売不振が顕在化する中で、不動産の販売でもいよいよ低迷がはじまろうとしています。

中央銀行が主体となって無理やり作り出してきた「人工的な相場」なわけですから、利上げ資産の縮小などを積極的に行えば、市場から過剰流動性が失われることは実際に政策を履行しなくてもすぐにわかる話です。

今のところ、NYダウはじり高を継続中ですが、こうした過去のアノマリーが適用されるとすれば、やはり夏に向けてあまりいい動きにはならないかも知れません。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

暴落ほど、為替市場で損失を被るネガティブイベントはありません。今日、明日が危ないという話では決してありませんが、少なくともタイトなストップロスは常に置いておくという習慣を忘れないようにしなくてはなりません。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

カタールと湾岸諸国外交断絶で巻き起こるカタールSWFの日本株換金売りに注意(6/8)

・カタールのソブリンファンドが日本株を換金売りするリスク増大

コミー証言の前にさっさと下落してしまったドル円(6/7)

・コミー証言を米国の株式市場はそれほどのリスクとは思っていない?
・鬼門は英国総選挙

ドルインデックスで見るとほぼトランプ期待のドル上昇分は剥落状態(6/6)

・ドルインデックスで見ると既にトランプ相場は完全剥落
・日経平均も2万円には戻したが長続きするのか疑問
・コミー前FBI長官の議会証言がどうあろうとドル円は下落か

米国大統領就任年におけるNY株価の不吉なアノマリー(6/2)

材料満載でリスクもたっぷりの6月相場をどう乗り切るか?(6/1)


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年6月2日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「忖度相場」からの6月14日ショック説、最悪ケースの株価下値は?=藤井まり子

【関連】株価急落を予告する「ヒンデンブルグ・オーメン」の点灯と4つの懸念=斎藤満

【関連】危うい楽観。ITバブル以来の割高水準を示す「バフェット指標」=栫井駿介

【関連】「銀」を買う者だけが生き残る?日銀の「神風特攻」に怯える世界経済

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2017年6月2日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー