fbpx

いま世界が注目する日本企業「メルカリ」はどれくらい儲かっているのか?=梶原真由美

成長の鍵を握るのは「アメリカでの成功」

ユニコーン企業とは、企業の評価額が10億ドル以上で、非上場のITベンチャー企業のことをいいます。

ユニコーンという額に一本の角が生えた伝説の生き物のように珍しく、巨額の利益をもたらす可能性のある企業として、アメリカのベンチャーキャピタルなどで使われるようになりました。

メルカリは、国内ではすでに成功したと言っていいのではないでしょうか?

近くIPOとの噂がありますが、上場後、メルカリが真のユニコーンとなる為には、アメリカでの成功が鍵だと考えています。

しかし、私が感じたメルカリの「楽しさ」は、言葉や文化を超えるのではないか?と期待してしまいます。

IPOに(なったら)参加してみたいと思う企業でした。勿論、株主優待目当てです(笑)

【関連】外国人投資家の買い越し・売り越しをリアルタイムで把握する手法=Bコミ

【関連】なぜアップルはVISAを裏切ったのか? iPhone7ショックにクレカ業界騒然=岩田昭男

1 2 3

億の近道』(2016年10月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー