fbpx

ブラックスワンには早すぎる。ナスダックも日経平均も今からが上昇本番だ=江守哲

ドル円相場は年末まで狭いレンジの可能性も?

ドル円は110円を挟んで小動きです。材料で上下動しましたが、下値はかなり固くなった印象です。

目先は米雇用統計を受けて下値を試しました。しかし、108円台までは突っ込みませんでした。そして、上を試しました。しかし、トランプ疑惑もあり、上にもいきません。

英国総選挙の影響も、ドル円にはほとんどありませんでした。市場では、この英国総選挙の為替市場への影響をかなり声高に解説する向きが多かったのですが、結果的に影響は限定的だったといえます。

こうなると、ドル円も動きづらくなります。いまは108.70円のサポートと113円のレンジ相場で、上がかなり重い感じになっています。

もしかすると、このまま年末まで狭いレンジでいくかもしれません。また、その間にまた新たな材料が出てきて、レンジを抜けるかもしれません。今の段階でそれを考えるのは難しいといえます。それはその時に考えればよいでしょう。

いまの日米実質金利差から計算されるドル円の理論値は――
続きはご購読ください。初月無料です<残約1万5,000文字>

初月無料購読で今すぐ読める!2017年6月12日号の目次

・マーケット・ヴューポイント~「FOMCを終えると暴落?」
・株式市場~米国株は主要3指数は今週も過去最高値での推移、日本株は日経平均が2万円を挟む動き
・為替市場~ドル円は方向感のない展開
・コモディティ市場~金は下落、原油は意味のない下げ基調
・今週の「ポジショントーク」~イベントにも方針は変わらず
・ヘッジファンド投資戦略~「ヘッジファンドは検討」-投資戦略構築のポイント
・マーケット人生物語~私の人生を変えたアノ事件
・ベースボール・パーク~「大会出場権を獲得!」
・セミナー・メディア出演のお知らせ


本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年6月12日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した内容(約1万5,000文字)もすぐ読めます。

【関連】「ヘッジファンドの帝王」レイ・ダリオの先行き悲観論はどこまで正しいか=江守哲

【関連】「忖度相場」からの6月14日ショック説、最悪ケースの株価下値は?=藤井まり子

【関連】危うい楽観。ITバブル以来の割高水準を示す「バフェット指標」=栫井駿介

1 2 3 4

有料メルマガ好評配信中

江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

[月額3,240円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く) ]
株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい