fbpx

来週は新興市場とIPO銘柄!値幅取りを狙って短期資金循環が期待される

一時19,000円を割った日経平均は19,400円台に落ち着きましたが、まだまだ油断のできない動き方をしています。週末には雇用統計もありますし、今週の振り返りと来週の展望をチェックしておきましょう。

 日経平均は利益確定を挟みながら売り買いが交錯

今週の株式相場は、配当落ち前後の利益確定売りが主導した先週の流れから、月曜日には見直し買いが入ったものの、火曜日には買いが先行するも売り直される展開。水曜日も売り圧力が目立ちましたが、木曜日、金曜日と持ち直し、売り買いが交錯しました。

日経平均株価は、先週末の1万9200円台から、月曜日に1万9400円台まで戻し、火曜日は1万9600円台から1万9200円台まで売り直されると、水曜日には取引時間中では3月12日以来となる大台1万9000円を割り込む場面も見られましたが、木曜日に押し目買いなどから1万9300円台まで戻すと、金曜日も1万9400円台を固める動きとなっています。

今週の東京株式市場は、月曜日は先週末の米国株上昇や為替相場にも落ち着きが見られていたことから、先週末の調整局面からの見直し買いが主導。火曜日も米国株上昇、1ドル=120円台の円安推移を追い風に寄り付き後に前日比で一時195円高となるなど買いが先行したものの、手がかり材料に乏しく下げに転換。後場に入ると先物主導で売られ、前日比204円安と主力株が総じて軟調に推移し、日経平均株価が5日移動平均線を保てず、先物主導で売り込まれました。

水曜日には米国株安、ユーロ安の外部要因軟化に加え、4月1日の日銀短観で大企業製造業の景況感が事前の改善予想に対して横ばいにとどまり、先行きも悪化方向となると、株式市場も売り優勢の展開。日経平均株価は25日移動平均線を割り込み、一時は大台1万9000円を割り込み、終値でも4月1日の25日移動平均線(1万9158.60円)を割り込み、前日比172円安の1万9034.84円と、2月3日以来、25日移動平均線を割り込む形に。

ただ、木曜日には前営業日調整からの見直し買いが主導。前日までの下げの反動から主力株を中心に買い戻しの動きが強まったほか、GPIFが2日発表した中期計画にて基本ポートフォリオについて「中期目標期間中であっても、必要に応じて見直しの検討を行う」と明記されたことも需給改善の期待から支援材料となり日経平均の上げ幅は一時400円に迫りました。終値でも5日移動平均線、25日移動平均線の両移動平均線を奪回。デッドクロスも警戒されていた2つの移動平均線に乗り直し、前日の下げ分を取り戻しました。

GPIFの中期計画では「収益確保のため、非財務的要素であるESGを考慮することについて、検討する」との文言も新たに追加され、GPIFがESG投資を採用すれば企業のコーポレートガバナンス改善が期待されることから、これまで評価されていなかった企業などに海外投資家の資金を呼び込む可能性も出てくるため、期待感から先回り的な買いも入ったようです。

金曜日は週末に米雇用統計、米国市場休場とイベントが控えるなか、米国市場上昇、為替相場のユーロ上昇を追い風に、朝方の安値1万9289.04円も5日移動平均線(1万9280.22円)がサポートとして機能して堅調展開。大引けにかけては投信設定の思惑などから上げ幅を拡大し、日経平均株価は続伸。前日比122.29円高の1万9435.08円と高値引け、ローソク足も連続陽線で取引を終えています。

さて、株価指数は水準を探り、売り買いが交錯した今週でしたが、来週も日経平均は5日移動平均線(1万9280.22円)、25日移動平均線(1万9205.17円)、一目均衡表の転換線(1万9351.70円)などがサポートとして意識されつつも積極的に上値を追うというよりは、今晩発表の米雇用統計を確認したあと、4月7日-8日の日銀金融政策決定会合、さらに金曜日にはSQ算出など、イベントを睨みながらの取引が続きそうです。

金曜日の株式市場の堅調展開も、東証1部の売買代金は2兆円を割り込み、物色傾向ではメガバンクなど大型株の一角は振るわず。やはり取引ボリュームを欠く中では値動きの鈍い大型株の取引は手控えられた格好。代わって材料株や新興市場の直近IPOの一角が好調さが見てとれました。

基本戦略としては引き続きデイトレード優位の流れとなりそうですが、新規上場(IPO)銘柄が登場することもあり、全体相場に左右されにくく、需給妙味に優れる新興市場銘柄とIPOが狙い目となるのではないでしょうか。

そこで来週は「新興市場とIPO銘柄」に注目してみてください。新興市場銘柄は値動きの軽さから、ひとたび資金が流入すると人気化しやすい傾向。相場方向性が見極め難いなか、値幅取りを狙って短期資金循環が期待されるでしょう。

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい