fbpx

朴槿恵政権「支持率5%」大崩壊で日韓慰安婦合意が白紙に!? 黒幕は誰なのか

今回は10月24日あたりから本格的に騒がれ始めた「朴槿恵政権崩壊」について特集する。私が自分のサイトで「必読記事」としたのが10月24日。それから数日経過して、なぜか日本のメディアもこの朴槿恵政権崩壊について取り扱うようになった。これはかなり異例のことである。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2016年11月6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

北朝鮮、野党・官僚、韓国財閥…政府崩壊を望む声は多い

朴槿恵政権崩壊で「得する人」

今回は10月24日あたりから本格的に騒がれ始めた「朴槿恵政権崩壊」について特集する。私が自分のサイトで「必読記事」としたのが10月24日。それから数日経過して、なぜか日本のメディアもこの朴槿恵政権崩壊について取り扱うようになった。これはかなり異例のことである。国が占い師の崔順実(チェ・スンシル)氏に支配されていたという、韓国人からすれば前代未聞の「恥」を日本のメディアが執拗に報道しているのだ。

だから今さら詳細を解説しても、既に知られている情報で意味がない。それよりも気になるのは、暴露した仕掛け人(黒幕)である。つまり、神権政治を明るみに出して「得」をする勢力である。

【関連】韓進海運破綻! 韓国経済を待ち受ける「超高額訴訟」の悪夢とは?

抗議デモにギロチンが登場したり、検察庁に重機が突っ込むといった明らかにやり過ぎのパフォーマンス。それに乗せられるような国民なので扇動しやすいのもあるが、衆愚政治の韓国とはいえ、政権支持率5%まで落とすほどのできごととは私は考えにくい。

占い師が朴槿恵大統領の代わりに政策決定をしていたという疑惑は色々あるのだが、問題は今まで黙認されてきたことが急に出てきたということだ。ここから、朴槿恵政権を崩壊に陥れて得をする勢力について考察していく。

「北朝鮮」が得をする

まず、1番に考えられるのは北朝鮮勢力。朴槿恵政権の占い師が北と通じていたかはわからないが、もし北のスパイなら、ここまで政治運営を酷くしたのも韓国を疲弊させるための計画だったことになる。さらに、盧武鉉大統領時代の議員が首相に新たに任命されて、大統領が所持する内政の権限を譲渡するという。しかし、盧武鉉大統領が北朝鮮の新派だったわけで、それの要人なら当然、北朝鮮への利益誘導を考えるだろう。

つまり、これらの一連の政治や経済はわざと失敗するように工作してきたのだ。しかし、それでは北朝鮮側が傀儡政権を暴露する理由にはならない。むしろ、続けさせようとするはずだ。メディアを使ってここまで大胆に韓国人を扇動させるのだから、相当な背景がなくてはおかしい。

Next: 野党・官僚など「反朴槿恵派の勢力」が得をする

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい