fbpx

なぜ「ミセス・ワタナベ」は損切り(ストップロス)を置かないのか?=今市太郎

なぜ本邦の個人投資家はストップロスを入れないのか?

相場で損をしたくないので、とにかく売買したポイントまで相場が戻るのを待つ、という発想は、FXを行う個人投資家の万国共通の意識のようですが、日本人の個人投資家はとくにそれが強く、ほとんどがストップロスを置かない売買を行っているようです。

ある意味ではこれをカモにしてくる投機筋も多く、うまいこと使われて相場を上昇させているようにも見えます。

またストップを入れないわけですから、何かの拍子に相場が下がり始めると、初めてその段階で反対売買が随時出始めるようになり、相場が全く下がらないという不思議な状況を示現させてしまうわけです。

結局は一定のレベルでしっかり損切りをしたほうが投資資金を効率的に運用することができるはずなのですが、考えてみると株の世界でも比較的同様のことがおきているようで、もはや日本人投資家の生まれ持った性格なのかもしれないと思う今日この頃です。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2016年12月20日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。本日12月22日配信の最新号(中国政策でリスク満載のトランプについて解説)もすぐ読めます。

【関連】「ウマい投資話にダマされる人」5つの特徴。詐欺師の手口いろいろ=俣野成敏

【関連】痛恨の勘違いも? ジョージ・ソロスの「予言的中率」を検証してみた=東条雅彦

【関連】師走にドル円・株式が下落した「2015年末相場」の再現はあるか?=近藤雅世

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2016年12月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー