fbpx

やはり実在する、あの政党の「ネット工作員」は石破茂がお好き?=三宅雪子

「フェイクニュース」の時代

アメリカの大統領選挙を機に、でしょうか。フェイクニュースという言葉が日常的に飛び交うようになりました。人を騙そうというフェイクニュース恣意的でない誤報はまったく違いますが、日本では(諸外国もかもしれませんが)この2つが同列に語られています。

まず、この基本のキがわからなければ、フェイクニュースに簡単にひっかかってしまうでしょう。「悪意もしくは何かの目的をもって」「恣意的にニュースを加工し」「広く拡散し」「間違いと指摘されても、(めったに)改めない」。これがフェイクニュースの特徴です。

フェイクニュースの何が困るかというと、被害者が加害者になってしまうことです。私が1人で騙される分には、自業自得とも言えるでしょう。しかし、騙されてそのフェイクニュースをリツイートなどで拡散してしまうと、意図せずして被害者から加害者になってしまいます。だから、フェイクニュースには万全の注意や備えが必要です。

エビデンス(証拠・根拠)の「確認癖」をつけよう

私の口癖に「エビデンス」があります。ツイキャス(ツイートキャスティング=ネットのプラットホームの一種)でニュース配信をするようになってから、気をつけていることです。ネットは、その影響力や訴求力が大きい割に、書き込む側には「感覚的」に、その発信が日本中どころか世界中にまで行くという意識がありません。よく考えると、地上派のテレビよりもずっと広く遠くまで届くんですよね。

しかし、書き込む側はつい気楽に考え、思ったことをよく考えずに投稿してしまいます。どこかで聞きかじって確認していないこと、ネットの噂、勘違い。幸い悪気がある人は私のツイキャスにはめったに来ません。しかし、それでも、特に政治にまつわることは、ソースの提示を求め、不正確なことはすぐに削除をしています。

一方、「また聞き」や「未確認情報」を「思い込み」で情報発信しているグループも存在します。結果的にデマを拡散しているのでデマッターなのですが、集団の中に問題意識がある人がいないので、デマとわかっても反省なく、同じことを繰り返します。困ったものです。

【関連】日本メディアが報じない「米CNNの捏造体質」元祖フェイクニュースの罪

信頼できるソース(大手メディアのニュースなど)がない場合は拡散しない。また、信頼できるソース元のニュースであっても、日付を確認する(私もこれにはうっかりと騙されことがあります)。テレビの画面キャプチャーの改ざんも多いので、信頼できるアカウントのものに限るなどなど気をつけ、確認癖をつけて、フェイクニュースの加害者にならないようにしましょう。

続きはご購読ください。初月無料です<残約3,400文字>


※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年10月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL130(10/6)

・知的障害者の早期加齢問題
・ネット工作
・ネットとリアルの礼儀作法
・流血事件
・フェイクニュースの時代

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

10月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL129(9/22)

・堺市長選挙
・解散風
・1日寝かす
・印象操作
・選挙をなめるな

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL128(9/8)

・異次元の圧力?
・積ん読
・対話のための圧力?
・なりすまし
・ヘイトなスピーチ

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL127(9/1)

・臨時国会取り急ぎ
・人間のエゴ
・『人をみたら顧客と思え』土光敏夫
・日本人の中で『私信』の概念が全くなくなっている
・永田町恋愛サスペンス小説『議員会館で恋をして』第27話

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

【関連】東京五輪9万人ボランティアという「やりがい搾取」に反対します=三宅雪子

【関連】「スピン報道」を警戒しよう~森友学園と加計学園、共謀罪に水道法改正案=三宅雪子

1 2

三宅雪子の「こわいものしらず」』(2017年10月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

三宅雪子の「こわいものしらず」

[月額880円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日]
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、三宅雪子独自の語り口で、あたたかみのある中にも、言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。加えて、「教えて!○○さん」「名言・迷言・明言」「永田町コトバ」「ヒトリゴト」「話はそれますが…」など、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー