fbpx

「技術の日産」が抱える、リコール問題よりさらに大きな不安とは?=栫井駿介

割安な株価指標は気休めにすぎない

配当利回り4.86%・PER7.98倍と、数値だけ見れば圧倒的に割安な日産ですが、詳細なリスクを検討すると決して割安とは言い難い部分が見えてきます。数値から安直に「割安株」と判断してはいけない典型的な例と言えるでしょう。

表面的な数値だけで割安・割高を判断できるのなら、これほど簡単なことはありません。もしそれが真実なのだとすれば、コンピューターが一瞬にして判断し、あなたが買う前に株価は修正されてしまうはずです。

それでも株価の修正が入らないということは、数値には現れていない理由があるからです。その理由を探ることこそが、長期投資の本質と言えます。株式投資は単なる数字のゲームではなく、投資家の思惑が複雑に絡み合った心理戦なのです。

【関連】各国がガソリン車を販売禁止へ。次の30年で自動車業界はどう変わる?=栫井駿介

北米の自動車販売がピークアウトし、新たな技術や新規参入企業が次々に現れる自動車業界は、大きな転換点に差し掛かっています。誰がその勝者となるのか、正確に予測できる人はいないでしょう。

自動車業界に身を置く会社は、いかに業界で高いシェアを誇っていようと予断を許さない状況です。「わからないものには投資しない」というバフェットの教えを貫くと、今は決して投資すべきタイミングではないというのが私の意見です。


つばめ投資顧問は相場変動に左右されない「バリュー株投資」を提唱しています。バリュー株投資についてはこちらのページをご覧ください。記事に関する質問も受け付けています。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】メモリ事業売却という一時しのぎ。東芝の迷走で一番損をするのは誰か?=栫井駿介

【関連】低迷フジテレビは誰のせいで「誰も観たくないチャンネル」になったのか?=栫井駿介

【関連】大炎上企業「PCデポ」で50%超の利益を上げた投資手法と妻の一言=栫井駿介

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2017年10月10日)

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー