fbpx

まだイソジンで消耗してるの?「性病を探知して発光するコンドーム」誕生へ

性病を探知して発光するコンドーム。

しかも開発したのは、学生たち!?

新時代を切り開くかもしれない、コンドームのコンセプト『S.T.EYE』に、海外にて多くの注目が集まっている。

S.T.EYEを考案したのはイギリス、アイザック・ニュートンアカデミーの学生たち。
話題のコンドームは、そのゴム部分に性病に対して反応する物質を内包する。この物質が、なんらかのバクテリアやウィルスと接触すると蛍光色に発光、使用者たちに危険を伝えるという仕組みだ。

ちなみにクラミジアの場合は緑、ヘルペスの場合は黄色といった風に、性病の種類によって異なる色に光る仕様になっているとのこと。

このアイディアの素晴らしさによって、S.T.EYEは見事『TeenTech Awards』という、学生たちを対象にした技術開発イベントの健康部門にて最優秀賞を獲得した。

ただ1つ付け加えておかないといけないのは、これらのアイディアはあくまで理論上のもので、実物は現在のところ存在していないということである。

イベントの場でも、現実に云々ではなく、そのコンセプトの秀逸さが認められての受賞だったのだ。

とはいうものの、当のニュートンアカデミーの学生たちは可能であれば将来、このコンドームを実用化したいと語っている。

若き研究者たちの今後に、期待したいところだ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:DailyMail/’Glowing’ condoms could soon reveal if you have an STI: Students design smart contraceptive to detect disease
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】小池氏より怖い安倍総理の「次の敵」アベノミクス再加速と株高の盲点=近藤駿介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい