fbpx

日本はもうノーベル賞を取れない? iPS細胞研究さえ寄付頼みの悲惨な現実=小浜逸郎

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年10月12日号より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

少なすぎる日本の研究費。iPS細胞の山中伸弥氏が寄付を募る現実

日本人受賞者はゼロ

今年もノーベル賞が決まりました。巷では、日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が受賞したというので評判になっています。それは結構なことですが、残念ながら自然科学部門では、日本人受賞者がいませんでした

この数年、物理学賞化学賞医学・生理学賞で、矢継ぎ早に日本人が受賞してきました。ところが今年はゼロ。ちなみに自然科学部門以外のノーベル賞は、受賞した方や団体には失礼ですが、あまりその価値が信用できません。人文系は基準があやふやだからです。特に平和賞はいいかげんですね。でも自然科学部門では、かなり信用がおけます。

歴代日本人受賞者の受賞時年齢は「68歳」

ところで、21世紀に入ってからの日本人受賞者は、自然科学部門で16人もいます。毎年1人の割合ですね。

この人たちの受賞時の年齢を調べて、その平均を出してみました。すると「68歳」と出ました。これから、いささか悲観的な予測を述べます。

どの分野であれ人間が一番活躍するのは、30代から50代にかけてでしょう。日本のノーベル賞受賞者の方たちが研究に一心に打ち込んだのも、おそらくこの年代だったと思われます。

ですから、この方たちがわき目もふらずに、寝る間も惜しんで研究に没頭したのは、おおよそ1970年代から2000年代初頭くらいということになります。

もちろん受賞時の年齢には相当なばらつきがありますので、若くして受賞し、いまなお活躍されている方もいます。しかし平均的にはそうだと思うのです。

基礎研究に投資しない日本政府

ところで言うまでもないことですが、長年研究に没頭するには膨大な研究費が要ります。企業研究の場合は応用研究ですから、その費用は企業がもってくれるでしょう。

しかしノーベル賞を受賞するような研究は、多くの場合、大学や研究所に身を置いた基礎研究です。すると、研究費を大学の研究資金や政府の補助金に頼ることになります。

先ほど述べた1970年代から2000年代初頭という時期は、日本が今日のような深刻な不況に陥っていない時期で、間には、1億総中流のバブル期もありました。

調べてみますと、それ以後の失われた20年の間に、科学技術研究費の総額はそれほど減っているわけではありません。しかし文科省の『科学技術関係予算等に関する資料(平成26年)』の「主要国等の政府負担研究費割合の推移」および「主要国等の基礎研究費割合の推移」というグラフを見てください。

80年代初頭から、前者は下がり気味後者はずっと横ばいです。しかも他の先進国と比べると、たいへん低いことがわかります(前者では最低)。

このことは、政府が、国家的な基礎研究にろくに投資してこなかったことを意味します。それでも好景気の時は、民間や大学の資金がある程度潤沢だったのでしょう。

上の資料は2013年までのものですが、その後、消費増税などもあり、デフレが深刻化しました。内閣府が出している『科学技術関係予算』という資料の、「【参考】科学技術関係予算の推移」というグラフを見ますと、安倍政権成立以降、この予算がさらに削られていることがわかります。

大学でも、すぐ実用に適さない研究はどんどん削られる傾向にあります。こうした傾向が続く限り、もう今後、日本からは自然科学部門でのノーベル賞受賞者は出ないのではないか。そう危惧せざるを得ないのです。

Next: iPS細胞研究の山中伸弥さんが「寄付を募る」切迫した現実

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい