fbpx

日本はもうノーベル賞を取れない? iPS細胞研究さえ寄付頼みの悲惨な現実=小浜逸郎

iPS細胞研究の山中伸弥さんが「寄付を募る」切迫した現実

筆者は去る9月18日にある情報に触れ、愕然としました。ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんが、「ご支援のお願い」として寄付を募っているのです。それだけならさほど驚きませんが、何と次のように書かれていました。

iPS細胞実用化までの長い道のりを走る弊所の教職員は、9割以上が非正規雇用です。これは、研究所の財源のほとんどが期限付きであることによるものです。

とっさに「財務省よ! 竹中よ!」と、怒りがこみ上げてきました。単年度会計、短期決戦での利益最大化。長期的な見通しや雇用の安定など知ったことではない。ノーベル賞級の基礎研究までが、この風潮の犠牲となっているのです。

こういう状態がこのまま続くと、日本の科学技術は、確実に世界に遅れを取ってしまうでしょう。

寄付に頼るというのはやむを得ない手段と言えますが、そこにばかり依存してしまうようになるとしたら切ない話です。国民経済の立場からは、政府の間違った経済政策に対してもっともっと怒りの声を発するべきなのです。

【関連】悪用されるノーベル経済学賞!? 私たちがつい「散財」してしまうワケ=川畑明美

【関連】神か悪魔か。ベーシックインカム時代の勝ち組と負け組、あなたはどっち?=田中徹郎

【関連】逆に考えよ。いま世界が目撃しているのはビットコインバブルではない=房広治

1 2

三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年10月12日号(日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?)より

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」経世済民新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい