fbpx

まさかの北朝鮮も? 海外不動産のプロが狙う「次のフロンティア」新興国投資(完)=俣野成敏

今回は「新興国投資」特集の最終回をお送りします。これまで2回に渡って、日本からも熱い視線を送られているフィリピン・ダバオの事例をもとに、新興国投資の成功法則や考え方現地に根を下ろして情報を掴む方法などについてお話してきました。今回はそれを総括しつつ「ポストダバオ」を考えたいと思います。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
30歳の時に遭遇したリストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらには40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任する。2012年の独立後は、フランチャイズ2業態6店舗のビジネスオーナーや投資活動の傍ら、マネープランの実現にコミットしたマネースクールを共催。自らの経験を書にした『プロフェッショナルサラリーマン』及び『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが、それぞれ12万部を超えるベストセラーとなる。近著では、『トップ1%の人だけが知っている』(日本経済新聞出版社)のシリーズが10万部超えに。著作累計は44万部。ビジネス誌の掲載実績多数。『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも数多く寄稿。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』を3年連続で受賞している。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年11月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

フィリピンの次を狙え。ハイリターンを実現する新興国投資(完)

「アジアのトランプ」ドゥテルテ大統領の意外な一面?

ドゥテルテ氏の今回の訪日では、天皇・皇后両陛下との会見が実現しています。前回の来日時は、天皇家に不幸があったため、直前に取りやめとなっていました。「剛腕」ドゥテルテ氏が、天皇との対面当初には緊張した面持ちも見られたようです。会談は終始、和やかな雰囲気の中で行われ、日本の占領時代のことに話が及ぶと、氏は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、今日の協力関係を築いてきました」と述べたということです。

もっぱら「暴言」のイメージが強いドゥテルテ氏ですが、その一方で、懐の広い一面も持ち合わせているように思います。昨年11月には、20年以上にわたってフィリピンの独裁者として君臨した元大統領・マルコス氏の遺体が、遺族の希望に沿って英雄墓地に葬られています。

マルコス氏は、1965年に同国の大統領に就任後、経済開発やアメリカとの同盟関係を強化する一方、全土に戒厳令を敷き、多くの反対派を弾圧しています。86年、市民革命で失脚後はハワイに亡命、当地で客死しました。遺族は再三、遺体を英雄墓地に埋葬するよう要請してきましたが、歴代大統領は拒否。マルコス氏に弾圧された市民やその家族からの反対を恐れてのことです。

ドゥテルテ氏は、まだ大統領選の最中から、マルコス氏の遺体を英雄墓地に葬る方針を表明。「人は誰もが間違いを犯す。我々は和解する時ではないか」と国民に呼びかけました。「これで憎しみを1つ減らせる」と。ドゥテルテ氏は葬った理由を「父親がマルコス政権時代に閣僚として働いていたことがあるから」だとしています。

これらのエピソードからは、「暴言を吐く一方で義理堅い」「検察官出身でありながら、超法規的手段を取ることも辞さない」「犯罪には厳格に対峙するが、過ぎたことは水に流す」という、ドゥテルテ氏の相反する複雑な性質が見て取れるのではないでしょうか。

ドゥテルテ氏 直筆の石碑

ドゥテルテ氏 直筆の石碑

今回は「新興国投資」特集の最終回をお送りします。これまで2回に渡って、日本からも熱い視線を送られているフィリピン・ダバオを事例に、新興国投資の成功法則や考え方現地に根を下ろして情報を掴む方法などについてお話してきました。今回は、新興国投資の総括に入りたいと思います。

私が運営しているマネースクールでは、この地で日本人の不動産業者として、もっとも早くダバオ入りしたチームへのインタビューに成功しました。この特集は、現地での取材をもとに執筆しています。

※本特集はインタビュー形式にてお届けします(ダバオチーム:DTと表記)

1. これからの新興国投資

まずは最初に、東南アジアのこれまでの歩みをざっと見てから、将来的に「ポストダバオはどこになるのか?」についてお伺いすることにしましょう。

Next: 海外不動産投資の第一人者が明かす「伸びる新興国」の条件

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい