fbpx

私の考える「5000万円モデル・ポートフォリオ」個人年金づくりはコレでどうだ=炎

どちらがどれくらい重要?インカムゲインとキャピタルゲイン

前述の4%前後の高配当利回り銘柄をポートフォリオのコアにしていく考え方は、現実には投資対象を見出せないので実現しづらい話です。ですが、細かくチェックしていくと常にそうしたチャンスがあるのではないかと思われます。過去の株式相場では必ず時折見られる変動・急落を投資チャンスとする考え方も高配当利回りを得るためには必要なことですし、企業の配当政策の変更を細かく吟味しておくことも重要なポイントです。

株式投資にはインカムゲインキャピタルゲインがあり、年金ポートフォリオづくりにはインカムゲインが重要な役割を担うことになります。一方で、成長株投資、テーマ株投資などはキャピタルゲイン狙いとなり、これらを組み合わせながら資産価値を高めることが年金資産づくりのポイントと言えます。

一定以上の金融資産があれば、無リスク資産(現金)の比率を徐々に下げて、インカムゲイン狙いやキャピタルゲイン狙いの資産構成に置き換えていきながら、年金型のポートフォリオ構築を図ることができます。それぞれのコア銘柄を決定し、リスク分散(銘柄、時間)を図りながら、一定の期間でポートフォリオを構築していくことが求められます。

30歳でも早すぎることはない「ポートフォリオ構築」

もし皆さんがまだ30歳だとしても、そうした活動をスタートさせることは決して早すぎることはありません。国に納めている年金の積み立てとは別枠で一定金額を積み立てながら、100万円単位でのポートフォリオを構築されると良いでしょう。

ただ、この場合はインカムゲインよりはどちらかと言うとキャピタルゲインに比重を置いたポートフォリオとすれば良いのです。30歳の方と50歳の方では人生の残された時間が異なります。

投資に絶対はなく、いかに慎重にインカムゲイン狙いをしたとしても、時に企業業績の悪化による減配などにより計画が頓挫してしまうこともあります。

基本的には年齢が上になるにつれてリスクを限定したインカムゲイン型の投資を心がけるべきですが、これは資産総額の規模と期待利回りの水準によって違ってきます。

第三者の財務格付けが高いからと言ってそれは未来永劫、株式投資家にリターンをもたらすということではなく、財務上の問題はあっても継続的な成長性の高さが投資資産の増加にとっては意味があります。

ですから、安定した運用を図るために、決して誰もが知っている1部主力銘柄を選定しなさいということではありません。反対に必ずしも中小型株を対象にした投資だけでもなく、中長期的な成果を得られる可能性のある銘柄を吟味しながら最終選定してはどうかというものです。

市場に存在する3つのタイプの銘柄群を有効に組み合わせて、プライベート年金ファンドを構築する経験豊富な投資家が存在していても不思議ではありません。以下のような3つのタイプの銘柄群があり、そうした銘柄の中から私的年金づくりに取り組む皆さんが、自ら考えてポートフォリオを構築されてはいかがでしょうか。

Next: 3タイプの銘柄群を組み合わせてつくる「私的年金ファンド」

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー