fbpx

毎年恒例?市場を跋扈しはじめた「3月15日暴落説」私はこう見る=今市太郎

(3)さらに3月15日には米FOMCで追加利上げも?

この3月15日は、米国のFOMCにおける政策発表も予定されていますが、株価の史上高値更新や完全雇用、賃金の上昇などを好感しているのか、ここへきてFRB、とりわけチキン議長としておなじみのイエレン議長が急に利上げに前向きな発言をはじめていることから、3月に前倒しで利上げを行うリスクが指摘されはじめています。

0.25%程度の利上げは市場への影響はほとんどないと見る向きも多いわけですが、米系の調査機関の調べでは、利上げ後の米国上場企業の利益は確実に低下傾向にあるうえ、ゼロ金利に近かったからこそ企業の自社株買いが非常に多く発生して株価を支えていたことは厳然たる事実です。

ここからの米国の利上げペースの加速が株式市場にいい影響を与えるわけはなく、調子に乗ったFRBの軽はずみな判断が、市場にいきなり打撃を与えることになるリスクは確かに残されているといえます。

ただ、市場のコンセンサスを最大限に重視するイエレン議長が、慌てて3月15日にさっさと利上げを断行するとは思えず、現状ではそれほど大きなリスクとは言えない状況です。

毎年この時期に「危機説」が登場している

しかしこうした3月危機説・暴落説というのは、考えて見ますと実は毎年のように登場しているものであり、週刊誌が書き立てたりしていますが、最初から日にちの分かっている暴落など起こったことはなく、正直なところあまり意味のないものであることは間違いありません。

株式市場などでは相場が走り始めて、皆が楽観視しはじめたときがまさにリスクのピークとなるわけで、NYダウだけはなんとなく走り始めている感もあり、リーマンショックから9年目であるだけにいつ暴落が起きても不思議ではないことから、危機説を煽られると嫌な気がすることは間違いありません。

最大のリスクはFRB、日付に惑わされない「より一層の注意」が必要に

今のところ米国債のイールドカーブも健全に保たれていますから、今すぐに大きな下落があるとは思えませんが、やはりリスクの引き金を引きかねない最大の問題は、FRBの政策判断ではないかと思われます。

現象的には並立している金利の上昇と株価の上昇ですが、10年債国債の金利が3%を超える状況でも株価が耐えて上伸し続けるとは到底思えず、大幅下落の局面では為替が下押しに付き合わされるのは間違いありません。

ただ、こうしたリスクというものは往々にして想定外のことが引き金になるのが世の常ですから、今年は相当注意をして臨む必要があることだけは確かです。実は、相場の下落はもっと前倒しになることさえ意識しておかなくてはなりません。
続きはご購読ください。初月無料です

初月無料購読で今すぐ読める!2月配信済みバックナンバー

最新(2/23)号も購読完了後にすぐ届きます

・米国金融市場最大のテールリスク~トランプ政権まさかの頓挫を考える(2/23)
・今週もっとも大きな動意がでるとすればFOMC議事録か?(2/22)
・ドル円のシーリングを口にした麻生大臣~これペンス副大統領にも言うの?(2/21)
・3月15日危機説は本当か?事前に可視化されるリスクは暴落にはならない(2/20)
・レンジ相場とは言えとにかく上下にぶれるドル円(2/17)
・インフレで政府債務を踏み倒すシムズ理論に興味津々の日銀黒田総裁(2/16)
・夜更けに為替の件で問題の補佐官に電話したトラ様~この人本当は何も判ってないの?(2/15)
・日米首脳会談を経てトランプ恫喝外交のメインイベントは対中通商協議へ(2/14)
・安倍トラ会談後の日本側の見通しは甘く危険な香り(2/13)
・日米首脳会談の記者会見は11日午前1時予定~果たしてここで何かでる?(2/10)
・動かない相場~無理してやらないほうがいいこともある(2/9)
・さすがに政策を見てびびりはじめたレイダリオ~世界最大のヘッジファンドCEOにもトランプは理解不能?(2/8)
・トランプが署名したドットフランク法撤回は本当に社会の役に立つ?(2/7)
・安倍総理のアメリカファースト朝貢外交でジャパンワースト時代到来か(2/6)
・トランプが容認できる対ドル円安水準は一体どこなのか?(2/3)
・迂闊に口にしているのかわざとなのかよくわからないトランプ発言(2/2)
・トラ様直々の口先介入でドル円は駿殺1.3円下落(2/1)


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年2月20日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜ今になって「世界最大ヘッジファンド」はトランプに怯え始めたのか?=今市太郎

【関連】投資家が警戒する「第2のプラザ合意」と超円高を日本が回避する方法=矢口新

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2017年2月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー