fbpx

ギリシャは既に株式市場的には終わった問題?なぜそう言えるのか?

ギリシャ問題がいよいよ正念場を迎えています。デフォルトしてしまうのか?ギリシャはユーロを離脱するのか?など、気になるところですが、ギリシャ問題は「少なくとも株式市場的には終わった問題」と人気メルマガ『KA.Blog』では語っています。その理由とはどんなものなのでしょうか?

ギリシャはユーロに留まる?ギリシャ国民の7割が残留希望

イギリスで何でも賭けにするブックメーカーでは、ギリシャが年内ユーロ圏に残る確率は93%となって、ほとんど賭けが成立しない状態だとか。これが一般的な感覚であり常識でもあります。ブックメーカーによる予想はお金がかかっているので皆真剣に情報を収集した結果ですから、集合知の最たるものと言えるかも知れません。実際、スコットランド独立の選挙の際は、独立否決が圧倒的で賭けが成立しませんでした。

一応ギリシャ国民も離脱は望んでいませんし(6月上旬に実施した現地世論調査によると、国民の70%が「いかなる犠牲を払ってでもユーロ圏残留」を望むと回答)、なんだかんだで離脱されるとユーロが高くなることからドイツだってギリシャという弱者を囲っておきたいと考えています。そうなると、今回の話が最終的に本当に取り付く島もなく物別れというのはあり得ないでしょう。誰得なのか?って感じです。

残留が決定した場合は、結局来月もまた再来月も大量の債務償還にあたって危機説が唱えられるかも知れませんが、短期的には好感されます。

私のギリシャに対する姿勢は数ヶ月前から一貫して繰り返しているように、少なくとも株式市場的には終わった問題であると思っています。「全然市場はギリシャに翻弄されているじゃねーか」という突っ込みもあるでしょうが、どういう結末になろうとも、これで世界の株式市場が本筋としてクラッシュすることはないという認識です。ある意味、合意・拒否の予測を無視したシナリオで考えています。

Next: 本気でギリシャ問題を心配している人なんているの?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー