fbpx

来年3月までに日本経済の命運は決まる。消費増税後の両極2シナリオとは?=伊藤智洋

2019年3月までの値動きで今後が決まる

来年の3月頃までの期間で、株価が1万6,000円程度まで下げなかった場合、2019年以降は、株式市場が低迷するだけでなく、日本全体が混とんとした局面へ入る可能性があります。

来年3月までに日経平均が1万6,000円を目指す展開になるとするなら、日経平均は、7月上旬頃までに2万円の節目へ接近する程度まで下げているはずです。まずはそうなるか否かに注目します。

どのようなケースでも、イメージのないものには対応できません。特に極端な展開は、ありそうもないと排除せず、意識しておくべきです。

続きはご購読ください。初月無料です<残約4,500文字+図版21枚>


※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2018年6月10日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(米朝首脳会談の展望、日経平均の今後のシナリオ)もすぐ読めます。

【関連】ビットコインの次に来る、ブロックチェーン×不動産のヤバい未来=高島康司

【関連】日本人の給料はまだまだ下がる。政府の「統計だけ」賃金アップに騙されるな=斎藤満

【関連】ソロスが狙う次の通貨危機。養分になるのが嫌なら「タイ株」を刮目して見よ=鈴木傾城

1 2 3

『少額投資家のための売買戦略』』(2018年6月10日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

『少額投資家のための売買戦略』

[月額1,078円(税込)/月 毎月第2・第4日曜日(年末年始を除く)]
値動きには理由があります。一般的に言われているような確率や、需給の変化を見るだけでは、先のことなどわかりません。確率論や、統計データ分析をやりつくし、挫折を味わった経験があるからこそ、理解できた値動きの本質を書いてゆきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー