fbpx

韓国「現代自動車」に迫る危機。強すぎる労働組合の「賃上げ要求」で業界衰退へ

きっちりモノを言う「韓国の労働組合」

しかもこの先、どれだけ利益を下げようが、労働組合が存在する限り、毎年、賃上げ要求がなされる

決裂したらストライキを起こして工場ストップさせて、大きな損失まで出させるのだから最悪である。

しかし、これは別に現代労組だけではないのだ。韓国の労働組合はだいたいそれである。

例えば、1兆ウォンで救済された韓国の大宇造船海洋。今年、政府の一時金が入ったことで黒字になったのだが、それを労働組合はもう「黒字化したのだから、賃金を上げろ」という要求である。

自分たちが税金で給料をもらっているということすら、華麗に忘れているようだ。

強い労働組合はマイナスなのか?

この労働組合が韓国で強い力を発揮することは、どれだけ韓国経済にとってマイナスなのだろうか。

この問題については中央日報なども取り上げているが、それを是正しようという動きはまったく出てこない

政府支援の裏にも、労働組合が多かれ少なかれ介入していると思われる。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2018年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・自動車輸出減少、それでも賃上げと現代自動車の内外危機(7/15)
・米中貿易戦争が勃発!最終的に5500億ドル規模になるとも。韓国はどうなるのか(7/8)
・ロシア杯、韓国はファール数最多でグループリーグ敗退もドイツに勝利(7/1)


※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2018年7月15日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込313円)。

6月配信分
・米中貿易戦争勃発で板挟みの韓国経済!?最後の牙城はDRAM分野だけ(6/24)
・米朝首脳会談は失敗だったのか。米韓合同軍事演習が中止で韓国だけが窮地に!?(6/17)
・米朝首脳会談が目前に迫る!?果たしてトランプ大統領は金正恩を非核化させることができるのか(6/10)
・文在寅大統領、ムンジェノミクスによって32万人の失業者(6/3)
2018年6月のバックナンバーを購入する

5月配信分
・トランプ大統領が米朝会談をキャンセル!? 次の日には予定通り開催と二転三転(5/27)
・米国からの輸入禁止を食らったZTEは今後どうなるのか(5/20)
・米朝首脳会談が6月12日、シンガポールで開催決定!韓国の板門店は外される(5/13)
・韓国GM労使が劇的妥結。法定管理申請は免れる(5/6)
2018年5月のバックナンバーを購入する

4月配信分
・韓国GMは法定管理申請となるのか 30万人の雇用影響は韓国自動車危機を勃発させる!?(4/22)
・米英仏の3カ国でシリアへ空爆。世界経済は混乱。原油高に(4/15)
・クムホタイヤ海外売却へ(4/8)
・米中貿易戦争で板挟みにされる韓国経済は両国に完全敗北!?(4/1)
2018年4月のバックナンバーを購入する

3月配信分
・5月に米朝首脳会談は本当に行われるのか(3/25)
・米と日本で韓国鉄鋼による通商圧力(反ダンピング関税)で韓国鉄鋼危機に!?(3/18)
・4年で損失は3兆ウォン!?工場閉鎖問題で韓国からGM撤退危機(3/11)
・日本選手のメダル獲得数は全部で13枚!金4枚、銀5枚、銅3枚の快挙(3/5)
2018年3月のバックナンバーを購入する

2月配信分
・ノロウイルスが選手に感染。史上最低五輪となった韓国平昌五輪(2/25)
・韓国平昌五輪が開幕!開会式で選手は途中退場。観客はほとんどいない。さらにノロウイルスまで発生(2/19)
・韓国平昌五輪まで残り5日!当日の気候や防寒対策、食事といった様々な心配事(2/5)
2018年2月のバックナンバーを購入する

1月配信分
・2018年における韓国経済の3つの不安要素その3 サムスン電子(1/28)
・2018年における韓国経済の3つの不安要素その2 原油高とUAE問題(1/21)
・2018年における韓国経済の3つの不安要素その1 ウォン高とFRBの利上げ(1/14)
・29人死亡した韓国商業ビル火災は第2のセウォル号の悲劇だった(1/7)
2018年1月のバックナンバーを購入する

【関連】トランプが北朝鮮を黙らせたのは、イランに戦争を吹っかけるための布石にすぎない=高島康司

【関連】世界中が「低欲望社会化」する中、日本は美しい衰退に向かう【大前研一「2018年の世界」】

【関連】中国当局がひた隠す本当の「GDP成長率」を、人工衛星と人工知能が明らかにする日

1 2

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2018年7月15日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー