fbpx

「仕事がつまらない」と嘆くあなたへ。自分の適所を見つけてお金持ちになる方法=俣野成敏

「仕事が面白くない」という方にこそ参考にして欲しい『ジョブ・マトリクス』を紹介します。才能を発揮できる場所を見つけ、仕事を楽しくする手助けになります。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
30歳の時に遭遇したリストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』及び『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが、それぞれ12万部を超えるベストセラーとなる。近著では、日本経済新聞出版社からシリーズ2作品目となる『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』を上梓。著作累計は40万部。2012年に独立、フランチャイズ2業態5店舗のビジネスオーナーや投資活動の傍ら、『日本IFP協会公認マネースクール(IMS)』を共催。ビジネス誌の掲載実績多数。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』1位に2年連続で選出される。一般社団法人日本IFP協会金融教育研究室顧問。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2018年5月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

好き=得意ではない。まずは自分の現状と進むべき道を把握しよう

誰だって不労所得が欲しい

あなたも過去に、普段そこまで懇意にしていたわけではない友だちから、突然このようなことを言われたことはありませんか?「ねぇ、仕事がキツくない?」と。相手は「キツイよね? もし、不労所得があればいいとは思わない?」と語りかけます。ここで、たいていの人は(もちろん、あればいいな)と思うでしょう。そこで相手は「キャッシュフロー・クワドラントって知ってる?」と、専門用語で畳みかけます。

「たとえば、本を書くと印税が入るよね?印税とは、黙っていても入ってくるお金。そういった収入源を持っている人を、Bクワドラントと言うんだよ」「でも、本なんか書かなくても、Bクワドラントになれる方法がある。それは、僕たちのビジネスの仲間になること。簡単だよ。友だちに日用品を買ってもらうだけだから。生活必需品だから、買って困ることもないし。仲間もできて、楽しいよ」…

世間によくあるMLM(マルチレーベルマーケティング)の勧誘手口です。MLMとは、多階層の販売網を形成し、紹介者が購入することで、バックマージンが入る仕組みのこと。MLM自体は違法ではありませんし、真面目にやっている人もたくさんいます。そうではなくて、ここで指摘したいのは「間違った情報がそれらしく伝えられている」という事実です。

「キャッシュフロー・クワドラント」の本質

キャッシュフロー・クワドラントについては、当メルマガではすでにお馴染みですが、なかなかこの概念を理解するのは難しいようです。以前、私のセミナーで『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』を課題図書として指定したことがあります。しかし、読破して中身まで理解できた人は、半数いるかいないかでした。

最近、このメルマガの読者になられた方のために簡単に復習しておきますと、キャッシュフロー・クワドラントとは、ロバート・キヨサキ氏が提唱した概念です。

収入を得る方法を以下の4つに分け、
・E(Employee:サラリー)
・S(Self Employed:自営業)
・B(Business Owner:ビジネスオーナー収入)
・I(Investor:投資)
世の中のすべての職業は、必ずこの4つのどこかの区分に所属する」という考え方です。

キャッシュフロー・クワドラント図

キャッシュフロー・クワドラント図

キャッシュフロー・クワドラントの本質とは、「労働と資産の分離」にあります。

EクワドラントとSクワドラントは自分が労働することによって得られる収入であり、BクワドラントとIクワドラントは資産を投じることによって得られる収入です。

つまりクワドラント図は、さらに左(EとS:労働収入)右(BとI:資産収入)に分けることができます。

これがなぜ、そんなに重要な考え方なのかと言うと、左側の職業には「自分」という限界があるからです。

ほとんどの人は、最初はクワドラントの左側、つまり自ら働いて収入を得ることから始まります。もちろん、左側の職業でもお金持ちになることは可能です。けれど、収入を自分ひとりの力に頼っている限り、「万一、自分が働けなくなったら…」という不安が常に付きまといます。「この限界を超えるには、右側に移ることが必要だ」。これがキヨサキ氏の主張です。

当メルマガでは、社会が不安定化している現状を考慮した上で、「これからはクワドラントも掛け持ちし、リスクを分散させるべきだ」という、ハイブリッドクワドラントを推奨するものです。

マルチ商法は、不労所得とは程遠い

さて。冒頭でMLMの勧誘員が話していたクワドラントの説明のどこが間違っていたのか、もうおわかりでしょうか?

実は書籍の印税収入とはS(著者)による労働収入であって、B(ビジネスオーナー)による収入ではありません。もっと言うと、MLMも自分で勧誘・販売することによる収入ですから、S(自営業)による収入です。確かに一見、自動的にお金が入ってくるようには見えますが、実際は常に顧客へのフォローが必要となり、不労所得とは程遠いわけです。

Next: 「サラリーマンが面白くない」本当の理由とは?

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい