fbpx

危険なマクロン・メルケル同盟。支持率低下に喘ぐ両氏が「欧州軍」で平和を脅かす=児島康孝

フランスでは、マクロン大統領の緊縮政策・燃料増税に反対して、25万人規模のデモが起きています。そして、マクロン大統領の支持率は、ついに25%まで低下。その間、マクロン大統領は? 行事がらみとは言え、ドイツのメルケル首相と、ベルリンで会っていたのです。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

マクロン・メルケルが何やら策謀中?国民の不満は高まるばかり…

マクロン大統領の支持率、ついに25%に

Ifop(フランスの世論調査機関)と、JDD紙(ジャーナル・ドウ・ディマンシュ)が行った世論調査によりますと、マクロン大統領の支持率はついに25%になったとのこと。「支持しない」が73%となっています(※11月9日から11月17日調査)。

フランスでは、国民生活を窮乏化させるマクロン大統領のニセ「改革」に、国民の不満が高まっています。

11月17日に「燃料増税」に反対する大規模なデモがあり、EURO NEWSは25万人が参加したと伝えています。

今回のデモでは、多くの参加者が黄色いベストを着用し、マクロン政権のグローバル企業を優先し、国民生活を切り捨てる政策に、反対の声を上げました。

野党が支持率トップに

またIfopでは、2019年の欧州議会選挙に向けて、政党の支持率も調査しています。

11月9日から11月12日に実施された最新の世論調査では、マリーヌ・ルペン氏が率いるRN(国民連合)が、支持率22%でトップに立っています。

マクロン大統領のLREM(共和国前進)系は19%となり、政党の支持率でも劣勢になっています。

マクロン大統領はベルリンへ

国民の支持が低下しているマクロン大統領ですが、何をしていたのでしょうか?

APによりますと、マクロン大統領は、日曜日(18日)にベルリンでメルケル首相と会談。これは行事がらみではありますが、デモが起きていて、支持率が低下している最中、すぐさまドイツのベルリンへ。

最近のマクロン・メルケル両氏は、考えがよく合うようで、お互いに持ち上げています。

Next: マクロン・メルケルの共通点は? 両国とも国民の不満は高まるばかり…

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい