fbpx

安易な節税で家族崩壊へ!相続税は早めの対策が大切な理由とは=田中徹郎

安易な節税対策は、兄弟が仲たがいをする元に

そしてもし税務当局から指摘を受けた場合、修正申告を行い重加算税とともに納税しなくてはなりません。

それだけではありません。上記修正申告の結果増えた税金は、本件を主導した長男のBさんだけが払えばすむというわけにはゆきません。

Bさんとともに相続したご兄弟CさんDさん、それに奥さんにも按分され、それぞれが重加算税とともに税金を支払わなければならないのです。

Bさんのご兄弟からすれば納得できないでしょう。

長男Bが連れてきた税理士の勧めで行った安易な節税のせいで、自分たちまで重加算税を支払うハメになるわけですから。

このようなもめごとをきっかけに、兄弟が仲たがいしてしまう事例を耳にすることがあります。

税理士さんも様々ですが、もし相続税対策と称し相続直前の不動産購入を勧めるようなら、注意して付き合ったほうがいいでしょう。

ちなみに直前がだめなら、「亡くなるどの程度前の購入なら問題ないのか」という質問を時々受けます。

この点に関し当局は明確に示しているわけではありませんが、亡くなる3年ほど前を一つの基準に置いているようです。

【関連】ここがおかしい日本の教育。即戦力が欲しくて使い捨て人材を増やす愚かさ=午堂登紀雄

【関連】なぜトランプはサウジ記者殺害の王室をかばう?~原油安は米国によるサウジへの制裁=江守哲

【関連】ついにビットコインは終焉へ。赤字マイニングによる混迷が金融市場全体を揺るがす=今市太郎

1 2

一緒に歩もう!小富豪への道』(2018年11月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

一緒に歩もう!小富豪への道

[無料 毎週火曜日+号外あり]
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー