fbpx

決算シーズン最初の山場は27日(火)。日経平均高寄与度銘柄に注目せよ=山本伸一

いよいよ決算シーズンが本格的にスタート!米FOMCや日銀金融政策決定会合も控える10月26日週の注目ポイントを「プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。」を配信する株式評論家の山本伸一さんが解説します。

企業決算、重要イベントが目白押し。最初の山場は27日(火)に

まずはこの1週間(10月19日週)の相場動向を振り返り

10月19日週の株式相場は、出直り後の調整をこなす動きを見せていた先週の流れから、週明け月曜日には利益確定売りが出たものの、火曜日に買い直されると、水曜日も買い進まれる展開。木曜日の一服から、金曜日にはさらに買い気を強めるなど、週半ばから強気に傾いてきています。

日経平均株価は、先週末の1万8200円台から、月曜日は中国7~9月期GDPが前年同期比6.9%増と市場予想を上回ったものの4~6月期の7.0%増からは減速して利益確定売りを主導。

火曜日も前営業日調整からの戻り売りが上値を圧迫して1万8200円台を挟んだ値動き。水曜日は為替相場の円安推移とともに切り返すと、決算銘柄物色も追い風となり買い優勢で1万8500円台に乗せると、木曜日の1万8400円台の押し目を形成。

金曜日は海外時間帯でドラギECB総裁が金融緩和政策を示唆したことでリスク選好の流れが強まり、欧米株高、ドル高の流れから1万8900円台まで水準を切り上げてきました。日経平均株価終値は18825.30円で今週の取引を終えています。

日経平均株価チャート 2015年10月23日終値

日経平均株価チャート 2015年10月23日終値

東京市場は決算発表シーズンに突入したこともあり、決算シーズンに向けて警戒売り、買い手控えの決算相場の需給が主導する展開に。月曜日は先週末引け後に上方修正を行った戸田建設<1860>資生堂<4911>などが上昇。物色傾向では増額修正、好業績観測報道銘柄が順当に買われた半面、業績面での先行き不透明感がある銘柄が売られる傾向が見られました。

なかでも目立った動きとなったのは連続ストップ高となったIPO銘柄のAppBank<6177>、直近IPOのベステラ<1433>、PCIホールディングス<3918>などで、短期資金の物色が確認されています。

AppBank<6177> 日足(SBI証券提供)

AppBank<6177> 日足(SBI証券提供)

ベステラ<1433> 日足(SBI証券提供)

ベステラ<1433> 日足(SBI証券提供)

PCIホールディングス<3918> 日足(SBI証券提供)

PCIホールディングス<3918> 日足(SBI証券提供)

決算銘柄では、安川電機<6506>は20日引け後に発表した第2四半期決算を好感した買いを集めて人気化。営業利益189億円(前年同期比27.2%増)の大幅増益で、事前予想の155億円を上回る内容で見直し買いを集めました。

日本電産<6594>も21日引け後に発表された第2四半期決算で営業利益が619億円と事前予想の580億円を上回るなど、決算評価の買いが向かっています。

安川電機<6506> 日足(SBI証券提供)

安川電機<6506> 日足(SBI証券提供)

日本電産<6594> 日足(SBI証券提供)

日本電産<6594> 日足(SBI証券提供)

その他の個別銘柄、決算増額の日立マクセル<6810>、大正製薬<4581>、東京製鐵<5423>、オービック<4684>、新光電気工業<6967>、好業績観測報道の東邦チタニウム<5727>、日野自動車<7205>、三菱鉛筆<7976>などが日替わりで物色される展開に。ただ、決算銘柄は継続して買われるものもあれば、次々と業績修正や決算発表が出てくることから、資金の逃げ足の速いものも多く、継続して買われるよりも物色が次々に移っていった印象もあります。

また、IHI<7013>の第2四半期決算は赤字転落、通期業績予想も一転減益見通しとなり、業績予想の下方修正を嫌気した投げ売りに押される形に。

住友化学<4005>も第2四半期の営業利益を620億円から740億円へ、純利益を380億円から600億円へ上方修正しましたが、原油在庫の評価損が響き決算売りで大幅安に。

富士フイルムホールディングス<4901>も業績観報道が市場の事前予想に届かなかったことから大きく売られる場面もありました(同社株はSMBC日興証券の投資判断アウトパフォームでカバレッジしたことから買い直されましたが)。

Next: 【展望】株価が前回決算の水準を下回っている銘柄が狙い目に

1 2 3

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー