fbpx

ヤマハ発動機<7272>はラグビー「五郎丸」人気再燃で割安修正余地あり!=日本インタビュ新聞社 編集長・浅妻昭治

決算相場まっただ中の日本市場。日本インタビュ新聞社編集長の浅妻昭治さんは11月6日に第3四半期決算を発表するヤマハ発動機<7272>に注目しています。五郎丸人気はヤマハの株価をどこまで押し上げるでしょうか?

決算直前のヤマハ発動機<7272>、高まる上振れ期待

決算後にラグビートップリーグ開幕、五郎丸人気は株価にも波及するか?

10月30日のヤマハ発動機<7272>(東1)は、寄り付きの27円高から下ぶれ16円安の2703円と4日続落するなど、前日終値を挟んでもみ合いを続けている。8月25日につけた年初来安値2108円から35%高の底上げをし、戻り売りや目先の利益を確定する売り物が交錯している。

ヤマハ発動機<7272> 日足(SBI証券提供)11/2大引け時点

ヤマハ発動機<7272> 日足(SBI証券提供)11/2大引け時点

ただ同社は、社会人ラグビー、トップリーグの「ヤマハ発動機ジュビロ」の母体でもあり、同チームには、英国で開催されたラグビーのワールドカップで日本代表史上初となる3勝に貢献したフルバックの五郎丸歩選手が所属している。

トップリーグが11月13日に開幕し、14日には同チームが「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」と対戦することから、再び盛り上がると期待される「五郎丸」人気が、同社株にも波及するほか、業績的にも、同社が11月6日予定の今12月期第3四半期(3Q)決算発表時の業績上ぶれも有力で、下値から割安修正に再発進する展開も想定されている。

前期も3Q決算発表時に通期業績を上方修正。再現はあるか?

五郎丸選手は、「ヤマハ発動機ジュビロ」でフルバックとして活躍。同チームは、2014~2015年トップリーグでは準優勝するとともに、今年2月開催の日本ラグビーフットボール選手権で優勝するなど輝かしい成績を残している。

監督は清宮克幸氏で、同氏は、今夏の高校野球甲子園大会でベスト4まで勝ち上がった早稲田実業の清宮幸太郎選手の父親。「清宮パパ」として著名であるばかりでなく、後任選びが続いている日本代表のヘッドコーチ(監督)の有力な候補者の一人と目されている。

トップリーグの開幕戦は、それだけ話題が豊富で、マスコミへの露出度が増えることが、同社株価にも好波及するとの思惑につながっている

今12月期業績も、好調に推移している。今期第2四半期(2Q)累計業績は、市場コンセンサスを上回り前年同期比8.6%増収、51.5%経常増益、61.7%純益増益と大幅続伸して着地し、期初予想の12月通期業績に対する利益進捗率は、60~68%と目安の50%を上回った

米国向けの大型バイクが好調に推移し、ベトナム向けも想定を上回り、円安による為替差益が発生したことが要因となった。

12月通期業績は、売り上げ1兆7000億円(前期比11.8%増)、経常利益1230億円(同26.4%増)、純利益760億円(同11.0%増)と見込んでいるが、2Q累計業績の高利益進捗率から上ぶれ期待も高まっている

前期業績も、3Q決算発表時の昨年11月に上方修正、期末配当の増配を合わせて発表しており、再現も想定されるだけに、11月6日発表予定の3Q決算が要マークとなる。

PER12倍台の割安感は魅力大

株価は、年初来高値3245円から世界同時株安の渦中で同安値2108円まで35%安となり、この調整幅の3分の2戻し水準まで復元している。

PERは12倍台となお割安であり、全値戻しへスピードアップしよう。

【関連】よく当たる「理論株価」最新データ分析!日経平均の妥当水準は?

日刊株式投資情報新聞』2015年10月30日号より一部抜粋、再構成
※太字、見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー