fbpx

翻訳は将来AIに取って代わられる?東証一部鞍替え期待の翻訳センターに投資すべきか=栫井駿介

翻訳センターに投資すべきか?

同社は現在JASDAQ上場ですが、(2019/2/5修正)「時価総額250億円」をクリアすれば東証一部上場基準を満たす可能性があります(執筆時点約80億円)。少し時間はかかりますが、東証二部を経由すれば時価総額基準は40億円にまで下がり、数値の上ではクリアできます。

一般的に東証一部に上場すればその瞬間は株価が上がることが多いので、それを期待することもできます。(ただし、そのタイミングや上昇率は断言できません。)

株価を見ると、相場の歩調に合わせた下落基調で、PER13倍というところまで下がってきました。無借金経営で財務も安定しています。

事業の方向性や株価の水準を見ても、投資のタイミングとしては悪くない気がしています。今後よく注目したいと思います。

翻訳センター<2483> 日足(SBI証券提供)

翻訳センター<2483> 日足(SBI証券提供)


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】政府の統計以上に物価は上がっている~実質値上げラッシュで国民はますます貧乏に=斎藤満

【関連】不正だけじゃない「勤労統計」2つの欠陥、政府が思うよりずっと私たちの賃金は減っている=児島康孝

【関連】2019年も堅調なアメリカ経済が世界をリードする~米中対立、欧州情勢ほか専門家の見方=俣野成敏

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年2月2日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー