fbpx

1~2月で4,340ドル上昇したNYダウ、年間の値幅に匹敵する急上昇はいつまで続くのか?=伊藤智洋

今年に入り、たったの2ヶ月で年間値幅にも匹敵する4,340ドル幅の上昇をみせたNYダウ。この上昇はどこまで続くことができるのか、過去の例から考えてみましょう。(『少額投資家のための売買戦略』伊藤智洋)

※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2019年2月25日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(日経平均・NYダウの今後のシナリオ、予測の仕方)もすぐ読めます。

プロフィール:伊藤智洋(いとうとしひろ)
証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立。株や商品先物への投資活動を通じて、テクニカル分析の有効性についての記事を執筆。MS-DOS時代からの徹底したデータ分析により、さまざまな投資対象の値動きの本質を暴く。『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]』(東洋経済新報社)など著書多数。

NYダウは2月中に昨年末からの上げが終息する公算

1~2月だけで1年の値幅と同程度の値動きを見せたNYダウ

NYダウは昨年末に底値をつけた後、前週末まで一本調子の上昇局面となっています。

安値から高値までの変動幅は、4,340ドル幅となっています。1月から2月までの変動幅だけでも、3,414ドル幅の上昇局面となっています。

過去の年間の変動幅(年間の最高値から最安値までの値幅)を調べると、大幅な値動きとなっている2018年は5,239ドル幅、2017年は5,199ドル幅、2016年は4,537ドル幅となっています。

2010年~2015年までは、2,011ドル幅、2,472ドル幅、1,626ドル幅、3,484ドル幅、2,
763ドル幅、2,981ドル幅となっています。

2008年、2009年は、それぞれ5,830ドル幅、4,111ドル幅です。

本年1~2月は、過去、1年間かけて上げ下げを経過してきた変動幅と同程度の値幅の動きとなっています。

2018年1月26日までの上昇の最終段階の上げは急速でした。このときは、2017年11月15日の安値2万3,242ドルから、2018年1月26日の高値2万6,616ドルまで、49営業日で3,374ドル幅の上昇となっています。速度は、1営業日68.8ドルの上げの速度です。

リーマンショックのときの下げは、9月の最高値1万1,790ドルをつけた9月2日から、10月の最安値7,882ドルをつけた10月10日までの下げ幅は、29営業日で3,908ドル幅となって、1営業日134.7ドル幅の速度となっています。

今回は、昨年末から2月22日までの時点で、1営業日が105.8ドル幅の速度となっています。過去の上げ下げの速度と比較しても、かなり急激な動きであることがわかります。

Next: NYダウはどこまで上昇することができるのか?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー