fbpx

令和の幕開けに期待、10連休明けの東京市場は買いで始まる(4/26)=証券市場新聞

今日の東京市場は48円安の2万2,258円で終了。平成最後の取引週となった今週は、結局高値もみ合いの方向感の無い展開となったが、令和の幕開けに期待したい。(証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

日経平均株価終値、前日比107円12銭高の2万1,556円51銭

10連休明けの東京市場展望~令和の幕開けに期待

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

平成最後の取引週となった今週は、結局高値もみ合いの方向感の無い展開であった。

112円台の円安になると買われ、111円台後半になると売られるという為替に連動した動きであった。

初めての10連休ということで海外投資家も日本株への投資を躊躇していたようだ。ディーラー達も10連休前にポジションを全て解消しなければならない会社も多く、勝負を手掛けにくい状況であった。

現状、海外ファンドの日本株比率は2014年以来の低さになっており、株価も出遅れ感が甚だしい。「ND倍率(日経平均÷NYダウ)」は0.82倍と13年1月以来の水準である。

連休明け海外要因で株価が下がっていたら買いたい投資家は多いであろう。連休前に売りたい投資家は大方現金化しているし、ヘッジを掛けた投資家の買戻しも期待できる。

ただ、連休中に大幅に上がってきた場合は難しい。買い余力はあるが企業業績への不安が払拭されていない。特に中国関連の企業は厳しい業績見通しを立てている。それらを株価に織り込む時間は必要であろう。

為替は111円から112円半ばでもみ合っている状態だが、米国商品先物取引委員会(CFTC)によると、現在の建玉はマイナス8.7万枚で9週連続で売り越し幅が増えているようだ。

過去数年に渡り売り越し数が10万枚を越えると、もうヘッジファンドが急速に買戻しを入れ円高を進行させており円高への警戒感も出始めている。

いろんなことを勘案すると、連休明けは水準はどうあれ買われていくが落ち着く5月中旬ごろからは売られる相場を想定している。ともあれ皆さん、楽しい10連休をお過ごしください。

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2019年4月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ZOZO前澤社長が決算当日の朝Twitter復活、V字回復の今期予想に投資家の反応は?

【関連】LINEがPayトクキャンペーン費用などで営業赤字150億円、株価はどう動いた?

【関連】池袋暴走事故で「上級国民」批判が爆発、日本社会の格差と理不尽さに庶民が怒りだした

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2019年4月26日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい