fbpx

新社会人に告ぐ。初任給は貯金しないで投資に回せば、65歳で1億2,000万円になるぞ=川畑明美

あなたは初任給で何を買いますか?欲しかったモノを購入するのもいいですが、投資をはじめるのはいかがでしょう。働き始めると社会の仕組みや経済の話を学ぶことが多くなります。他の人と差をつけるにも投資は役立ちます。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

人生にお金はいくら必要?60代でも思い立ったら投資を始めるべき

初任給を投資に回すという選択肢

日本では2005年以降、生まれてくる人の数よりも、亡くなる人の数のほうが多いことをご存じですか?

つまり、日本の人口は、徐々に減少しています。それに伴い「人手不足倒産」も増えています。東京商工リサーチによると、2019年3月度の全国企業倒産件数は減っているのに、「人手不足」倒産は今年最多の38件でした。

人材不足倒産は、年々増えていています。大手企業を中心に人材確保のため初任給を引き上げるというニュースも聞くようになってきました。

ユニクロ」を運営するファーストリテイリング社の例では、一気に4万5,000円のアップです!
※参考:ユニクロなど運営 初任給2割引き上げへ 人材確保で来春から – NHKニュース

このアップした4万円で、投資にチャレンジしてみませんか?

投資はギャンブルではない

「投資はギャンブルみたいなもの」と誤解されている方もいますが、投資とは「確実に増やす」ものを投資と言って、ギャンブルのように「当たり・ハズレ」があるものではないのです。

ただし、投資で安全確実に増やすには「時間」が必要なんです。

少し考えて欲しいのですが、景気には、良い時と悪い時がありますよね。景気が良い時は、株価が高いです。その株価が下がると、やがて景気も悪くなります。

投資でお金を増やすには「安く買って高く売る」これしかありません。

ですから株価が下がった時に、株や株価に連動する投資信託などを購入して、株価が上がった時に売却して、また下がった時に、その売却した資金で購入することを繰り返していけば、お金が複利で増えていくのです。

定年までに約1億2,000万円の資産ができあがる

複利の効果はとても大きいです。入社してから毎月4万円を42年間積立てで投資信託を購入して、平均リターン7%で運用できたとすると、約1億2,000万円になります。

つまり、定年までに億り人になれるのです。

また適切な時期に売買するには、社会の仕組みを学び経済ニュースを聞いたりすることも必要です。そして、その知識の多くは、社会人として役立つものでもあるのです。

Next: 人生にはたくさんのお金がかかる。無計画に貯金していていいのか?

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい