fbpx

なぜビットコインが突然上昇? 取引の95%がねつ造という驚愕の調査結果からわかること=今市太郎

4月に入ってから急激に上昇したビットコイン相場の上昇原因を考えます。先月末には「ビットコイン取引の95%がねつ造」という衝撃のレポートも出されました。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年4月4日・15日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

決してブーム到来には見えない足元の市場。個人投資家は注意を…

なぜ4月に上昇?諸説ありすぎる要因は…

今回は4月に入ってから急激に上昇したビットコインの相場の上昇原因について考えてみたいと思います。

足元のビットコインはまさかの60万円台にまで価格を伸ばす勢いで、依然として上昇傾向が止まりません(※編注:原稿執筆時点2019年4月15日)。しかし市場ではなぜこのタイミングにここまで上昇することになったのか、市場の真意をいまひとつはかりかねているというのが正直なところではないかと思われます。

まず第1の上昇要因として市場参加者の多くが口にするのが、4月1日のエイプリルフールの嘘ニュースです。

金融メディアを手掛けるイスラエルに本拠地を置くFiance Magnates社が、エイプリルフールにSEC(米国証券取引委員会)がビットコインETFの上場を承認したというまったくの嘘ニュースを発表したことから、ビットコインは時を同じくして上昇相場を示現することになります。

また、ウォーレンバフェットが仮想通貨に投資したという嘘ネタもそれなりに機能したのかも知れません。

さらに穿った見方をすれば、こうした嘘をきっかけにして相場を買い上げて先導した向きがいる可能性も否定できない状況です。

またFRBが利上げを棚上げしたことで市場が楽観的になり、イールドハンティングの延長線上で投機筋がビットコインを買ったからではないかという話もまことしやかに流れています。

さらにこうした動きにコンピュータの自動売買が反応して買い上げている、さらにショートしていた向きが一斉に買い戻しを余儀なくされているから上昇に転じているといった話も飛び交っています。

2017年12月は日本人個人投資家が主導

ところで2017年末、日本円で200万円を簡単に飛び越えたビットコインは、当時確実に日本人個人投資家の支えで大きく相場を上昇させたことは記憶に新しい状況です。

取引の6割以上が日本円であったことから、株のように投資主体別売買動向がはっきりしなくても、日本人が絡んでいたことは明白です。

しかもその7割がいわゆる仮想通貨FXだったわけですから、多くの本邦個人投資家がレバレッジをかけることで大きな利益を得たことは間違いない状況です。

しかし足元の相場では、確かに話題にはなりつつあるものの2017年末のような猛烈なセンチメントを感じることはなく、いったい誰が買い上げているのかということが非常に気になる状況といえます。

まして、今回は日本人の個人投資家が相場を先導しているようにはまったく見えません

Next: ビットコイン取引の95%がねつ造?米国の衝撃的レポート

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい