fbpx

ココスの優待休止発表、翌々朝の株価はどう反応した?

5年分の株価上昇を吸収する人気優待の休止劇

業績悪化で優待休止、発表翌日はS安張り付き

ココスジャパン<9943>が業績悪化を理由に、4月15日、優待休止を発表。これまでは3月31日と9月 30日の年2回を基準日として、ゼンショーグループ各店舗で利用できる食事優待券、及び飲食代金割引のストックホルダーカードを持ち株数に応じて配布していました。翌16日の株価は一度も寄り付くことなく、S安張り付きで終了しました。

同日開示の「業績予想の修正に関するお知らせ」の通り、2019年3月期の業績予想は大幅な下方修正になる見込みです。このような経営状況に鑑み、検討を重ねました結果、誠に遺憾ながら、株主優待制度を休止させていただくことといたしました。
出典:株主優待制度の休止に関するお知らせ-ココスジャパン(2019年4月15日公開)

<関連銘柄の4月17日の株価>

ココスジャパン<9943>→前日引値1,738円 寄付1,658円/高値1,680円/安値1,632円/引値1,643円

ココスジャパン4月17日の株価動向は?

前日のS安値1,738円からさらに80円安の1,658円で始まり、前場は値幅48円のヨコヨコで推移しました。以前から業績悪化が懸念されており、株価は2018年の高値2,389円で上値を抑えられる形になっていましたが、優待の休止は株価に業績悪化を上回る大きな影響を与えた形となっています。

ココスジャパン<9943> 15分足(SBI証券提供)

ココスジャパン<9943> 15分足(SBI証券提供)

ココスの優待休止に対する投資家の声は…

飲食店で利用できる優待を配布する企業は投資先としても特に人気が高く、優待がなくなった影響による株価下落の大きさに驚きの声が多数上がっていました。とはいえ、人気の高いレストランブランドでもあることから、今後は親会社によるTOBの可能性や株主数の動向などにも注目が集まっています。

【関連】新社会人に告ぐ。初任給は貯金しないで投資に回せば、65歳で1億2,000万円になるぞ=川畑明美

【関連】なぜビットコインが突然上昇? 取引の95%がねつ造という驚愕の調査結果からわかること=今市太郎

【関連】韓国大統領が涙目。米韓首脳会談「わずか2分」で打ち切りも、強固な同盟を再確認と発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい