fbpx

4月1週目に外国人が買い越しに転じたが上昇続かず。国内勢はGWと決算で様子見続く=高梨彰

資主体別売買動向で4月1-5日の週に「外国人」が買い越しに転じ、この時期は値がさハイテク株が買い進まれた。GWの10連休と決算発表ピークで国内勢は様子見か。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年4月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

国内株式投資は2週連続の買い越しだが…

世界的な半導体関連株の上昇に合わせて、値がさハイテク株が上昇

証券取引所が公表する投資主体別売買動向をみると、4月1-5日の週にて「外国人」が現物・先物を合わせた金額で買い越しに転じた、とのことです。

財務省の対内投資をみても、4月第1週の国内株式投資は2週連続の買い越し。

値がさハイテク株が買い進まれた時期にも重なります。海外勢が半導体関連株の世界的な上昇に合わせて、日本にも食指を伸ばした様子が窺えます。

言い換えると、局地的なつまみ食いです。引き続き年初来高値と年初来安値の数はほぼ同数。昨日は安値更新の方が多かったほどです。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)はここに来て一進一退。直近高値圏を維持しながらも、今週は少しお休みです。

チャートを見る限り、日本株には仕掛け買い余地が残るものの、如何せん出来高が少な過ぎです。踏み上げを誘おうにも「様子見」軍団が多過ぎます。

反面、ドル円は「いつかは円高」とばかりに頑張る方々が難儀しているようでして、プチ踏み上げみたいです。

日本株がモタモタしているからといって、ドル売り・円買いをすると痛い目に遭う市場環境です。もし株買いにでも走ろうものなら、ドル円112円台も。

それくらい、日本株、というか国内勢は「10連休あるから」「決算見てからだから」等の言い訳に心地よさを感じています。

<今回のまとめ>

・日本株、海外勢が買い越し
・世界的なハイテク株買いに乗った形
・国内勢は「様子見」を決め込む言い訳が有り過ぎまして

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2019年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年4月配信分
  • 外国勢は買いを入れるも(4/12)
  • 市場はFedの利下げを期待し過ぎかも(4/11)
  • 正しい感覚、「は?」(4/10)
  • 渋沢栄一、円高のシンボル(4/9)
  • 直近の出来事は日本にも株高を促す(4/8)
  • 「うるわしき相場」は「令和」になってから(4/5)
  • 『翔んで埼玉』の通行手形と危機回避ポジション(4/4)
  • EU離脱に備えようと、金融市場は単なる写し絵(4/3)
  • ドル高を助長させるFedのハト派化(4/2)
  • 年度の計は4月1日にあり(4/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年4月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】新1万円札は渋沢栄一。紙幣一新で日本の紙幣の信用が高まり、円高要因に=高梨彰

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年3月配信分
  • 煽り役としての新元号(3/29)
  • 今度は金利「低下」を嫌気だそう(3/28)
  • 外野は「言い切り」、当事者は「妥協」(3/27)
  • 金融市場に柏原芳恵降臨(3/26)
  • 「ビハインド・ザ・カーブ」が囁かれる段階(3/25)
  • Fedがハト派でも、そんなにドル安には(3/22)
  • トランプのCNN称賛、減速へのアネクドータル(3/20)
  • ビルド・ボール減って、ビットコイン先物消える(3/19)
  • 不安と期待、保護主義化か否か(3/18)
  • 「待つしかない」未来予想図(3/15)
  • 逆イールドと現代金融理論(3/14)
  • ドナウ川の欧州、エヴァは困る737MAX(3/13)
  • 経済指標がドル高と囁きます(3/12)
  • 「周りの人々」の支援、高値掴みでは…(3/11)
  • 借金のシワ寄せ(3/8)
  • メガバンクの損失計上と運用部門に不可欠な能力(3/7)
  • ドル高反転を先走っても(3/6)
  • 「素みそ汁」と「有り難う(ペコリ)」(3/5)
  • ”It is true, but…”な世界(3/4)
  • 3月、相場のゴールは見通せず(3/1)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 日本のメディア、大丈夫ですか(2/28)
  • 曖昧なパウエル議長、曖昧で済む世の中(2/27)
  • トランプツイートが示す買い一巡感(2/26)
  • 「フェイクニュース」で売っても(2/25)
  • 21世紀の”21 demands”(2/22)
  • Fed、依然として「利上げどうしよう」(2/21)
  • 悪気のないフェイク(2/20)
  • 注文履歴で実感、デフレバイアス(2/19)
  • AIの進歩、格差拡大と相場(2/18)
  • クリスマス商戦、米ネット販売は苦戦(2/15)
  • GDPデフレーターが語る日本経済(2/14)
  • 景気回復「実感していない」、50%未満ならバブル(2/13)
  • 銀行、サイモンとガーファンクルにはなれない(2/12)
  • 現場の話が出ないと材料視もされず(2/8)
  • なじみが薄い「実質賃金」、政権安定の一助(2/7)
  • トランプ演説、今回は大人しく(2/6)
  • 「上げ続け」の「強め」(2/5)
  • 1月は良かった米経済(2/4)
  • 少子高齢化の写し絵、大手金融決算(2/1)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 「おしん」と化したパウエル議長(1/31)
  • データを信じるからこそ(1/30)
  • 語学学習の価値、企業価値にも(1/29)
  • 平和なニュースの中に(1/28)
  • 爆風スランプは知っていた、統計への接し方(1/25)
  • 中国がくしゃみをすると(1/24)
  • 緩和は続くよダラダラと(1/23)
  • IMF予測が日本の社長さん達を擁護(1/22)
  • ブラックボックスへの気後れ、相場上昇の源(1/21)
  • 毎月勤労統計がウソだったとしても(1/18)
  • 原油価格下落への満足感が続く限り(1/17)
  • 政治の膠着、焦れた買戻しを呼ぶ(1/16)
  • 今年、国債暴「騰」が気になります(1/15)
  • 海鮮丼にはなれない日本株(1/11)
  • トランプの「お行儀」とFedの利上げ路線(1/10)
  • 米中楽観・景気慎重、昨年とは逆の心理(1/9)
  • ビットコインとエスペラント語(1/8)
  • 柔軟という名の行き当たりばったり(1/7)
  • 原油安、喜ぶトランプ、下げる株価(1/4)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 20181228 #0431 AIとリスク管理と乱高下(12/28)
  • 値上がりしたらしたで…(12/27)
  • 作文も難しい相場(12/26)
  • 二百三高地と化す市場(12/25)
  • 株安続くと、「借金返して」増える(12/21)
  • パウエル議長、外野の声は気にしない(12/20)
  • グリーンスパンの金言(12/19)
  • パッシブ運用のアクティブな動き(12/18)
  • 国破れて山河在り(12/17)
  • 量的緩和終了、量がなくなりましたから(12/14)
  • 相場の風は収まりつつ(12/13)
  • 週末、警戒感は一服するので(12/12)
  • 節操のないメディア、節操のない相場(12/11)
  • 「国語の答えは一つ」(12/10)
  • 「うわっ、へいせい…」に通じるFedの感覚(12/7)
  • 落ち着かないまま年末へ(12/6)
  • 米国債の理屈っぽさは筋金入り(12/5)
  • 地味に「逆イールド」(12/4)
  • 良いとこ取り(12/3)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • 米中、そして日の存在感(11/30)
  • パウエル議長の腐心(11/29)
  • 『じみへん』な米中の駆け引き(11/28)
  • 話題が多過ぎ、株も債券も買戻し(11/27)
  • 日銀の株買いが神出鬼没だと…(11/26)
  • マネロンメール(11/22)
  • 株安でも米国債が買われないんです(11/21)
  • 「昔への回帰」への値踏みが始まる(11/20)
  • 株式市場、西高東低の気圧配置(11/19)
  • コメントと心理との乖離が気になりますが(11/16)
  • 米下院、金融危機の呼び水となり得る存在に(11/15)
  • 埼玉県民の日でも相場は動いています(11/14)
  • 米国株は2%下落、なのに日本株は3%…(11/13)
  • 原油2割下落、省エネは何処に(11/12)
  • モデスト・モデレート・ロウバスト(11/9)
  • カネ余りと財政悪化、いい勝負(11/8)
  • 予想がアテにならないならば(11/7)
  • ニュースアプリが怖くなりました(11/6)
  • 中間選挙の結果をみるよりも(11/5)
  • 街はクリスマス、米経済には陰り(11/2)
  • 日銀「下振れリスク」、国債「暴騰」リスク…(11/1)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • トランプが株安をツイート(10/31)
  • 「追証を解消する方法」が届きました(10/30)
  • 投信販売強化の記事、銀行株買いの基準にも(10/29)
  • 「もっと」がしぼむ(10/26)
  • 「怖さ」を考えてみます(10/25)
  • 「〇×ショック」が出て来ない(10/24)
  • トランプの都知事化(10/23)
  • 海外観光客が示す円安基調(10/22)
  • 暗示に掛かり難い相場(10/19)
  • 恒常的なFedと市場との乖離(10/18)
  • 半値・61.8%戻しが飛び交う買戻し(10/17)
  • ロイター記事で気付く自然な相場への回帰(10/16)
  • ニヒルな日本金融市場(10/15)
  • 恐怖の源が見えてきた(10/12)
  • 米金利上昇が株下落に繋がり(10/11)
  • 「株と為替」だけじゃなく(10/10)
  • 賑わうところ、割を食うところ(10/9)
  • 決戦は金曜日(10/5)
  • 「久しぶり」の金利水準と市場の落ち着き(10/4)
  • 「10月がピーク」を示唆するあれこれ(10/3)
  • 市況における枕詞(10/2)
  • 二国間交渉発、株高行き(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • 安倍総裁「圧勝」による「疑似」踏み上げへの期待(9/20)
  • 米国債の落ち着きに視点は移る(9/19)
  • 気が付けば踏み上げ(9/18)
  • 日経平均、「上抜けするなら今日でしょ」(9/14)
  • 新型iPhoneに思うこと(9/13)
  • 横綱の座が危うくみえる日銀(9/12)
  • 買って相場が上がったのに損が出る(9/11)
  • 早合点や希望的観測(9/10)
  • 「何時でもカツアゲ」対象の日本(9/7)
  • ご無事を願います(9/6)
  • 「強い」米経済、悪影響は「待つ」(9/5)
  • たまには算数でも(9/4)
  • 「やっちまった」と認めること(9/3)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 9月、一旦深呼吸(8/31)
  • トランプ発言に右往左往するよりも(8/30)
  • 大阪、魅力向上中(8/29)
  • 海外頼みとは言いたくないものの(8/28)
  • パウエル議長による、ルール変更のすすめ(8/27)
  • 「10周年」が増えて来る季節(8/24)
  • ビットコインETF、却下されました(8/23)
  • パウエル講演気になるものの(8/22)
  • 米石油、代替手段に埋蔵金(8/21)
  • イナゴばかりじゃ…(8/20)
  • ニジマスでもサーモン、50兆円でも80兆円(8/17)
  • 日銀は前場には動かないのでしょうか(8/16)
  • 情熱の薔薇を咲かせるには(8/15)
  • トルコ問題の調査でお困りの方に(8/14)
  • 日米通商協議というオバケ(8/13)
  • スタンドの涙踊りと旧態依然とした企業(8/10)
  • 何言っても合っている日本経済(8/9)
  • 米国債、15日の償還・利払い前に…(8/8)
  • 金価格高騰の国もありますが(8/7)
  • サマータイム、医療関連株でも物色しますか(8/6)
  • 突飛さだけではない、政治のリスク(8/3)
  • 不安な割に損が拡大しない「坊や」たち(8/2)
  • 「いいひと。」ネイサン(8/1)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
・「曖昧過ぎる」日銀(7/31)
・「お客様は神様です」という弱点(7/30)
・第三の矢「ガイアツ」(7/27)
・FANGに振り回されるだけ(7/26)
・朝三暮四(7/25)
・「金利上げちゃダメ」により金利上昇(7/24)
・「黒田タンカー」(7/23)
・政治の緊張感欠如が生む酷い相場(7/20)
・官製相場の限界をみているのかも(7/19)
・貿易戦争でも利上げは続く(7/18)
・錯覚してしまいます(7/17)
・米国、服はお安く(7/13)
・「識者」と市場のズレ(7/12)
・過熱感とトランプ(7/11)
・買戻し一巡のサイン(7/10)
・自律反発でしょうか(7/9)
・原油高懸念が各方面から(7/6)
・「売れる投信は、売りやすいから」(7/5)
・6日までは我慢でしょうか(7/4)
・損切りを遅らせるだけ、日銀の株ETF買い(7/3)
・短観、慎重なのも仕方ないけど(7/2)
2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分
・もう梅雨明け(6/29)
・コスト転嫁の可否と国のB/S(6/28)
・下がり難くなる変動率(6/27)
・あみんじゃないのよハーレーは(6/26)
・日銀審議委員さま、銀行員研修を勧めます(6/25)
・心理悪化よりカネ余り(6/22)
・NYダウに制裁?(6/21)
・銀行強盗と仮想通貨のハッキング(6/20)
・想定通りのシナリオ、想定外の値動き(6/19)
・時間切れ、かも(6/18)
・ECB、市場に「僕は嫌だ」とは言わせない(6/15)
・Fedとドルと30年債(6/14)
・解像度の進歩に驚く米朝首脳会談(6/13)
・米朝首脳会談、何に期待しますか(6/12)
・何処でも元気にツイートです(6/11)
・投資家、債券知るべし(6/8)
・「骨太の方針」と国債(6/7)
・相場も梅雨入り(6/6)
・いつになったら海外投資家は(6/5)
・トランプ好みのデータと市場(6/4)
・豊洲の画像と売り仕掛け(6/1)
2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分
・芸能人とIT企業社長のゴシップと市場(5/31)
・100万円の2年定期、いきなり「97万円でーす」(5/30)
・歴史は長めに(5/29)
・新興国、インフレ・財政・政治の安定(5/28)
・「金妻」と『バブルへGO』(5/25)
・関学QBに#metoo(5/24)
・ビットコインとポテト(5/23)
・株の参考に2組の金利(5/22)
・人民日報英語版の勧め(5/21)
・「マルキュー」、どう発音しますか(5/18)
・同じ相場でも異なる表現(5/17)
・GDP、どうやって好景気を実感しろと(5/16)
・地政学リスクが株価を支える(5/15)
・北朝鮮の潜在的な力って…(5/14)
・久しぶりの(5/11)
・安倍さん三選、株買いですか(5/10)
・ヘッジファンド盛り返し(5/9)
・ガソリンスタンドの看板を気にする(5/8)
・誤解に対する誤解(5/7)
・米製造業に陰り(5/2)
・瀬戸内捕物帳に思う(5/1)
2018年5月のバックナンバーを購入する

2018年4月配信分
・求む「嘘のプロ」(4/27)
・新入社員の傾向今昔(4/26)
・「鉄人」不在(4/25)
・ドル買戻し「もういっかい」(4/24)
・ムーンウォークな動き(4/23)
・CPIで「営業トーク」(4/20)
・原油は買われ、逆イールドが視野に(4/19)
・バーバラさんからの贈り物(4/18)
・マラソンも政治経済も市場も(4/17)
・等加速度運動に置いてけぼり(4/16)
・ロシアにケチ付け、ロシアを利する(4/13)
・チョッピーな動きに評価損増えやすく(4/12)
・政治の停滞が市場価格に反映されつつ(4/11)
・習近平に見せつけられる(4/10)
・目先の値動き、大人しくなるのでは(4/9)
・トランプと半沢直樹との違い(4/6)
・報復関税と豚さん(4/5)
・強で売って甘で買う(4/4)
・株安と支持率上昇(4/3)
・インバウンド需要も一極集中(4/2)
2018年4月のバックナンバーを購入する

2018年3月配信分
・転換点は来月半ば以降でしょうか(3/30)
・スローパンクチャーな昨日今日(3/29)
・検索しても日本が出てきません(3/28)
・証人喚問、警戒すべきは…(3/27)
・アフリカンシンフォニーも良いけれど(3/26)
・「理論値」には大らかに(3/23)
・FOMCへの複雑な反応(3/22)
・金利、3つの要素(3/20)
・1,000兆円の根雪(3/19)
・アベさんのいない世界(3/16)
・財務省の強かな管理、なのに…(3/15)
・クビ差アタマ差、爪噛む相場(3/14)
・扱いが小さい日本(3/13)
・森友問題とアベノミクスの因果関係(3/12)
・アベクロよりアバクロ(3/9)
・処分売り、峠を越したのでは(3/8)
・ニュースよりチャート(3/7)
・切らされるばかり(3/6)
・円高エイリアン(3/5)
・決算対策の季節(3/2)
・黒田総裁のやる気度(3/1)
2018年3月のバックナンバーを購入する

【関連】新紙幣を喜んでる場合か? 戦後の預金封鎖の暗い過去が蘇る新円発行=今市太郎

【関連】大手メディアが報じないベネズエラ紛争の闇~米中覇権争いの背後にある本当の資源争奪戦=高島康司

【関連】南鳥島に眠る大量のレアアースで日本は勝てるか?世界生産量8割を占める中国の焦り

高梨彰『しん・古今東西』』(2019年4月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額864円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい