fbpx

5G関連銘柄に年初来高値更新が続々、ふたたび注目が集まる。連想買いに期待も

前週の市場で人気突出した銘柄を上げると、東証第1部の週間売買高ランキングの第2位にランクインした日本通信、日東紡、精工技研などの5G関連銘柄が目立った。(『日刊株式投資情報新聞』)

東証第1部の週間売買高ランキングの第2位に日本通信など

個人投資家主導で、売買高上位銘柄や年初来高値更新銘柄が突出

5G関連のからめ手銘柄として、前週の市場で人気突出が目立った銘柄を上げると、東証第1部の週間売買高ランキングの第2位にランクインした日本通信<9424>(東1)、年初来高値をそれぞれ更新した日東紡<3110>(東1)、精工技研<6834>(JQS)などとなる。

日本通信は、今年5月に米国で5Gの商用基地局を設置することが認可されて関連特許を保有することが見直され、日東紡績は、国内大手証券が5Gデバイス向けにグラスファイバー製品の需要拡大が見込めるとして投資判断「バイ」、目標株価3,000円で新規カバーを開始し、精工技研は、5G基地局アンテナ計測用の光電界センサの開発を発表したことがキッカケとなった。

連想買い波及が想定される注目銘柄

この3銘柄が、なお独自相場を展開するようだと、次々とからめ手銘柄に連想買いが波及することが想定される。

候補株は、これまで5G関連で人気化実績のある動画補正ソフトのモルフォ<3653>(東マ)、次世代移動サービス専用ソフトのジョルダン<3710>(JQS)、性能監視ソフトのアイビーシー<3920>(東1)、子会社がフィリピンで5G周波数割当通知を受領したアイ・ピー・エス<4390>(東マ)、QRコード読み取りアプリのメディアシーク<4824>(東マ)、5G向け成膜装置のオプトラン<6235>(東1)、次世代LSI開発のアクセル<6730>(東1)、総務省が信号機を5G基地局に開放すると伝わった日本信号<6741>(東1)、京三製作所<6742>(東1)、大同信号<6743>(東2)の信号機3社、基地局用計測機器のアルチザネットワークス<6778>(東2)、アナログ高周波部品の多摩川ホールディングス<6838>(JQS)、5G対応スマホ用通信半導体のメガチップス<6875>(東1)、アンテナの日本アンテナ<6930>(JQS)、ノイズ除去フィルターの双信電機<6938>(東1)、通信制御ソフトのアイレックス<6944>(JQS)、総務省の5Q総合実証実験に参加のPALTEK<7587>(東1)などが上げられる。

シンボル株のアンリツを先陣に通信キャリアなど本丸株へジャンプアップ

からめ手銘柄から本丸銘柄へジャンプアップするケースでは、シンボル株としてまずトライされるのがアンリツ<6754>(東1)だろう。5G通信用端末機器向けの計測機器では世界トップの実力を誇り、前期業績は、5Q関連のモバイル市場向けへの開発用計測機器の需要拡大で上方修正しており、今年7月30日に発表予定の今3月期第1四半期業績の動向が注目されることになる。

次いで2020年春の5G商用化に向け大規模投資を推進中の通信キャリアの楽天<4755>(東1)、KDDI<9433>(東1)、ソフトバンク<9434>(東1)、NTTドコモ<9437>(東1)の出番が回ってくる。

このほか、海外年金基金や欧米ファンドが先回り買いして保有実績のある協和エクシオ<1951>(東1)、エムアップ<3661>(東1)、東京応化工業<4186>(東1)、電気興業<6706>(東1)、伊藤忠テクノソリューションズ<4739>(東1)、ヨコオ<6800>(東1)、フジクラ<5803>(東1)、ネットワンシステムズ<7518>(東1)などの人気再燃も見込まれる。

【関連】宮迫・田村亮会見から見えた吉本興業の深い闇。2009年の上場廃止から怪しかった=今市太郎

【関連】韓国輸出規制で日本は負ける?トランプ政権を動かす韓国の強力なロビー活動=高島康司

【関連】ドイツよりも日本の銀行がもっと危ない。政府の問題先送りで地銀も都市銀行も潰れていく=矢口新

image by: Alexander Supertramp / Shutterstock.com

日刊株式投資情報新聞』2019年7月19日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい