fbpx

米韓関係も最悪に。ハリス米大使、韓国との外交行事をキャンセルしてハンバーガー屋へ

韓国がついに米国にも噛みつき始めた

問題は米国に対しても、韓国が噛みつき始めたのだ。

そして、前代未聞の行動に出た。 韓国は、韓国にいるハリス米大使に、韓日軍事協定破棄への失望表明の自粛要請を行ったのだ。

しかも、米大使を呼び出してだ。これには驚きを禁じ得なかった。

まず、失望しているというメッセージを出している米大使を呼びつける。しかも、失望表明の自粛要請である。

つまり、失望したことを口に出すなである。大変に失礼とかそういうレベルではない。もちろん、ハリス氏は相当、腸が煮えくり返っただろう。

韓国よりもハンバーガーを優先

そして、ハリス氏は行動に出た。韓国と予定していた行事を相次いでキャンセルしたのだ。

そしてハリス氏は、その日の韓国との行事をキャンセルして、韓国に新しくオープンしたハンバーガー屋に出かける写真を掲載した。

その時のハリス氏の笑顔が実に素敵だった。つまり、韓国よりもハンバーガーの方が大事ということ。

これには韓国民は大激怒したようだが、ハンバーガーは嘘も付かないし、約束を破ることもない。

明らかに韓国に対するメッセージだが、どう受け取ったかは定かではない。

このようにGSOMIA破棄を巡って、米韓同盟に亀裂が生じている。

Next: まもなく始まる在韓米軍駐在費の予算交渉、決裂は目に見えている?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー