fbpx

どうしても女性と仲良くできない…年収500万円の40代前半の男性が考えるべきこととは?=山本昌義

今回は40代前半の独身男性からいただいた、「どうしても女性と仲良くできない。どうしたらいいでしょう?」という婚活についてのご相談に回答します。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

残酷な悪しき青春の思い出が、婚活の枷に…

女性と仲良くできないのは、期待の裏返し

今回は40代前半の独身男性から、婚活についてお話をいただきました。「どうしても女性と仲良くできない。どうしたらいいでしょう?」

年収500万円の会社員ながら極めて女性に不慣れ。交際経験ゼロ、女性に虐げられ続けた過去がありついに婚活に励みだすも失敗続きとのことです。

これがイジられキャラ(?)の実像でしょうか…。ヒドくフラれ続けた男性も近いものがありますね。少し冷静に今後を考えるべきかもしれません。

今回は、極めて女性に不慣れな男性に対して少し現実的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『結婚はムリにしなくても良いもの』少し冷静に結婚そのものを考えましょう。

そもそも、なぜ今になって婚活を?世間体や両親の小言などが大きい理由のようですが、自発的な願望が伴わないなら結果も期待できません

例えるなら、子供の勉強と同じでしょうか。周囲に言われて、流されてイヤイヤやったところで大きい学びは得られません。

素直に男性として女性を求める気持ちもあるでしょう。

しかしあなたの場合、それ以上に避けたい…というか「どうせまた虐げられるだけ」との思いが強い様子。一種の強い女性不信といえるかもしれませんね。

失敗を前提に考えるなら努力も身が入りませんし、今のままなら、延々と失敗を重ねるばかりでしょう。

仕事関係者は良くも悪くも男性ばかりで、むしろ周囲に女性がいないほうが自然でもある様子。

そもそも結婚できても幸せになれるとは限りません。今一度、結婚すべきかどうかを考えてみませんか?

結婚しないならしないで別の対策も必要ですがまずは結婚そのものを、真剣に考えてみましょう。

Next: 大切なのは、女性への見方を改めること

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい