fbpx

ZOZO前澤氏、売却で命拾い。創業経営者が持ち株9割を担保に多額借金は許されるのか=今市太郎

ヤフーへのZOZO売却が話題ですが、実はかなりリスキーな状況だったことが判明。前澤氏はなぜか自らの持ち株を担保に、銀行から多額の借金をしていたのです。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年9月16日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

担保は1,600億円分のZOZO株? もし株価が暴落していたら…

前澤氏は崖っぷちだった?

ZOZOの前澤社長の電撃企業売却はさすがに市場に大きな驚きを与えるとともに、株価の上昇で喜ぶ関係者が多いのではないかと思われます。

zozo<3092> 日足(SBI証券提供)

zozo<3092> 日足(SBI証券提供)

企業創業者が上場した自分の会社を売却するというのは、米国のIT企業などでは決して珍しいことではありません

また企業規模が大きくなるにつれて創業者の手には負えない経営状況が到来することもあるわけですから、今回のような電撃企業買収が起きるのは決して不思議なことではありませんし、売却したオーナー企業経営者が責められるようなものでは断じてありません。

しかし、前澤氏の今回のケースはなんとか売却が成立したからいいようなものの、徐々に明らかになるその中身は相当、上場企業経営者としての企業倫理を疑う内容になってきています。

市場ではすっかりその売却だけがフォーカスされていますが、実態を見ますとかなりリスキーな状態であったことが今さらながらにわかる状況です。

実際の2018年収入は140億円前後か

前澤氏というのはいきなりIPOで億万長者にのぼりつめたことから、これまでかなり脇の甘い発言などをツイートしてきています。

と、あえて言わなくもいいようなことをおめでたくツイートされています。

しかし、これは税金にちょっと知見のある人間ならば、すぐに年収がいくら程度なのかがわかってしまうのです。

前澤氏の年収の構成要素は、
・会社からの役員報酬
・持ち株の配当金
・持ち株の売却益
の3つであることは、誰が見ても明らかです。

2018年度というのは「2018年収入」の書き間違えであろうと思いますが、
・会社からの役員報酬:1億円程度
・持ち株の配当金:42億円程度
・持ち株の売却益:(319万1,200株程度と想定して)だいたい100億円弱程度
と思われます。

保有株の9割を担保に多額の借金

半分を税金でもっていかれても、年間70億が残れば十分にお金持ちとして暮らしていけるはずです。

しかし、前澤氏はなぜか自らの持ち株を担保にして、銀行から実に多額の資金を借り受けているのです。

Next: 銀行の担保に入っているのは1,600億円!? もし株価が暴落していたら…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい