fbpx

ブレグジットは新提案で前進したと言えるのか?EU首脳会議の行方に注目が集まる=久保田博幸

英国政府が2日に提出した新提案には、「移行期間の終了時点で、EUとの関税同盟から離脱する」と明記。これで英が関税同盟に残り続ける状況は回避できる。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

英国のEU離脱に向けた交渉前進の可能性

ラグビーで日本が歴史的勝利を挙げたアイルランドも連合チームだった

英国政府は2日、10月末の欧州連合(EU)離脱に向けた離脱条件の新提案を正式にEUに示した(3日付日経新聞)。

今回の新提案では「移行期間の終了時点で、EUとの関税同盟から離脱する」と明記した。これで英が関税同盟に残り続けるという中途半端な状況は回避できる。

最も焦点となっていた英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドの国境の問題については、農産品や工業製品などの基準やルールに関しては、北アイルランドだけEUルールに従うことを検討し、さらに国境付近での検査を省略できるようにする。

そして、北アイルランドがEUルールに従うかどうかは同地域が判断するとあった。

現在開催中のラグビーのワールドカップ、日本が歴史的勝利を挙げた相手のアイルランドは、厳密にはアイルランドという国と英国領の北アイルランドの連合チームであった。

アイルランドには2つの国が存在し、英国だけがEUを離脱してしまうと、その国境間を通じた通商などに関税が掛かることになる。欧州連合はある意味国境をなくしてしまうような制度だけに、そこに再び国境を設定することに問題が生じることになったのである。

ジョンソン首相は演説で「新提案が実現しなければ合意なき離脱だ」と述べていた。この条件をEU側が飲むには、かなりの譲歩が必要になるとされるが、譲歩に動くのではとの観測も一部に出ているようである。

あまり期待してはいけないものの、交渉が前進してくる可能性もないとは言えないかもしれない。

17、18両日のEU首脳会議が注目となる。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】社債分野で巨大に膨れあがるバブルはいつまで保つ?FRBが握る、アメリカ経済の行方=藤井まり子

【関連】消費増税でデフレ低成長経済は継続する…日本の経済成長がなかなか進まないワケ=炎

【関連】景気後退不安を前に、世界債務はリーマン・ショックへ導いた「ジャンク債の宴」の2倍=山崎和邦

image by : vchal / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年10月3日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい