fbpx

シェールガス業界、もう終焉? ポンプメーカーの従業員8割リストラで見えた異変

天然ガス採掘に必要なポンプを製造する米国企業が従業員の8割を解雇すると発表。「シェールの繁栄はこれで終わった」とも言える状況になっています。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2019年10月21日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

業界に異変?世界最大規模のエネルギーサービス企業もリストラへ

天然ガス採掘用ポンプの製造メーカー、従業員の80%を解雇

天然ガス採掘に必要なフラク・サンド(Frac Sand)の油田注入用ポンプの製造メーカー・Gardner Denver社の首切り報道が出ました。海外メディアの非常に短い報道です。翻訳しながら解説します。

Gardner Denver社の副社長Edward Bayhi氏の説明によると、エネルギー産業での変化と技術進歩により、従業員の8割を解雇するとのことである。

Gardner Denver社は、天然ガス産業向けのポンプを製造している企業である。

出典:Tipton manufacturer to lay off 80% of its workforce – WTAJ(2019年10月10日配信)

本当の解雇理由は需要減少

「開発した新製品ポンプの能力向上で従業員の8割を解雇する」なんぞは戯言ではないか?と思い、同社の業績をチェックしました。 

同社の売上構成を見ますと、2019年第2四半期では以下の通りになっています。

・産業分野:334M$の売上(前年同四半期比で5.5%増加)
・エネルギー分野:223M$の売上(前年同四半期比で16.8%の減少)
・医療分野:72M$の売上(前年同四半期比で12%の増加)

下図をご覧ください。これは同社の業績発表の一部です。問題のエネルギー分野の見通しや実績を紹介します。

(ア)エネルギー分野の動きですが、受注が前年第2四半期対比30%のマイナスになっているのです。この受注の減少が何カ月後かに、売上減少として出てくるのです。

(イ)2019年通年見通しの変化です。4月時点では横ばいと見ていましたが、7月になって急激に悪化して30%減少とみています。

(ウ)第2四半期の売上比較(2018年対2019年)です。産業分野では5%プラス、医療分野で12%プラス、そしてエネルギー分野で17%の減少です。

シェール油田でのFrac Sand注入ポンプの需要が最近になって大きく落ち込んでいることが、80%の人員削減の大きな原因なのです。

原油価格低迷や、投資家意欲の減退、同じ分野での他の企業の動きを横目で見ながら、同社経営陣は「シェールの繁栄はこれで終わった」と見ているのでしょう。

Next: 世界最大規模のエネルギーサービス企業もリストラへ。業界に何が起きた?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい