fbpx

韓国の景気悪化が止まらない。日本製品の不買運動どころか、買いたくても買えない状況へ

韓国経済は明確に不調だ。日本製品の不買運動を続けているが、庶民の生活は日に日に苦しくなっており、やがて日本製品を買いたくても買えない状況がやってくる。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年10月20日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

雇用だけが不自然に増加?なんとしても不景気を隠したい韓国政府

3つの要素「貿易・投資・雇用」を見れば韓国経済がわかる

今回は韓国の最新統計を見ながら、現在の韓国経済の現状を分析していく。

まず、最初に述べたいのは、韓国経済の現状を知るには「3つの要素」を見ればほぼ間違いないということだ。

実際、私はここ11年ほど見てきたが、これらの3つの要素に関わる数値を分析していくことで予測はかなりの精度となっている。

さて、前置きはこれぐらいにして、3つの要素とは「貿易」「投資」「雇用」である。

貿易は「不況型黒字」へ

韓国は貿易で国の経済がほぼ成り立っているので、輸出と輸入の増減は特に重要だ。

そこでよく出てくるのが「貿易黒字」というやつだが、韓国は62ヶ月連続で達成している。

しかし、貿易というのは輸出が減っても、輸入がそれ以上に減れば黒字になるのだ。このため、韓国では「不況型黒字」と呼ばれることが多い。不況型黒字というのは、経常収支が黒字であるにも関わらず、不況の状態であることをいう。

不況型黒字というのは、先ほどの輸出と輸入の増減以外にも、国内消費の落ち込み、為替レートの変化、原油価格なども影響する。ただ、詳しく解説していると進まないので、割愛させていただく。

参考までに、今年の9月までの輸出増加率は-9.8%となっている。

設備投資はどんどん減っていく

次は「投資」を見ていく。

投資で重要なのは、主に企業の設備投資だ。設備投資は、企業が新工場の建築などで建物・機械などに使う投資のことを指す。

韓国の貿易というのは、いわゆる加工貿易である。つまり原材料や機械などを輸入して、それらを使って製品を組み立て完成させて、他国に輸出する製造業が中心となっている。韓国が組み立て工場と呼ばれるのはそういうことだ。

詳しく補足したのには理由があって、韓国国内には原材料(主に原油など)がないので、製品を造るにはどうしても他国から輸入する必要がある。つまり、輸入が減れば、韓国の製造業が不調かどうかがわかるのだ。

在庫があまっているなら企業は生産数を減らす。つまり、売れてないので新しい製品が造れない。そうなると、輸入が減るということだ。

そして、輸入が減れば、設備投資が減ってくる。今年8月までの設備投資は-11.2%となっている。

Next: 雇用だけが不自然に増加? 不景気を隠したい韓国政府

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい