fbpx

ノルウェー年金、日本国債を売って日本株さらに爆買いへ!?etc.=櫻井英明

先週半ばに「ノルウェー年金、日本国債4300億円売却」が報じられたと思ったら、土曜日には「ノルウェー政府年金基金が、日本株投資拡大」とのニュースが届いた。(『「兜町カタリスト」』櫻井英明)

世界最大級の政府系ファンド、ノルウェー年金が日本株を買い増し

日本国債を売却して、他国債ではなく日本株に乗り換え?

ノルウェー年金、日本国債4300億円売却」というのは先週半ばの報道。昨年10~12月に多額の日本国債を売却したという話。「低金利で投資妙味が減ったことで他国債に乗り換えた」との解釈だった。

土曜の日経朝刊では「世界最大級政府系ファンドのノルウェー政府年金基金が、日本株投資拡大」。2015年末の日本株保有額は約5兆9500億円。14年末から約1兆100億円(24%)増加したという。日経平均株価の上昇率が「9%」だから、自然増加だけではなく、意図的に買い増したということになる。

ただ…ミソは各年末の為替レートで計算したというところ。2014年末119円31銭、2015年末121.92円でそれほど差はない。万が一「年間平均」でいくと、2014年105.94円、2015年121.04円。15%超の誤差があるから面白い。

もっとも保有株上位はトヨタ、三菱UFJ、ファナック、三井住友など。面白いポートフォリオではない。

「最終決定はご自身のご判断で」本当に決定しているのは――

投資に関する最終決定はご自身のご判断において行われるよう」の決まり文句。どんなレポートを見てもそう書いている。

当たり前のことだし当然でもある。しかし、この「自身の判断」って一体どう行われるのだろうとふと思った。長いセンテンスのレポート、万言で構えた講演。

しかし最終決定は1ワード、1センテンスのような気がする。

プレゼン資料の分厚さを誇る研究所は多い。しかし、その多くのプレゼン資料は一般人にとっていかに邪魔なことか。印刷するコストがもったいないとさえ思えてくることもある。

そもそも相場は時間とともに移ろうもの。瞬時微分した資料を大量に抱えても意味がないような気がする。あるいは長時間の講演会。たくさんの言葉が飛び交う。出席者もメモを必死にとってはいる。しかし、最終決定をするのはこれらの分厚いレポートや講演なのだろうか。

どうも心に響いて残った一言が、投資の最終決定要因であるような気がする。

例えばIRにしても、確か中期計画や目先の進捗率を重視する向きも多い。でも、場合によっては「トップの顔色・声の大きさ」なんてことが、妙に記憶に残っていたりする。

極論すれば「好き」か「嫌い」。この言葉を裏返せば「買い」か「売り」。相場はそんなに賢くはないので難解な解釈は邪魔になるが、必要悪みたいなものなのかも知れない。

Next: 市場関係者・岡本さんからのメール~決算短信を読みものとして楽しめるか

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい