fbpx

「郵便局幹部、切手着服で5億円荒稼ぎ」なぜ可能だった? 事件発覚後も公表せず=三宅雪子

なぜ5億円も着服できた?

関係者によると、同時に大量に出すと料金が割引になる郵便物の支払いで、シート状になった切手が持ち込まれた場合、受け取った担当者が最終的に細断されるものですから、消印を押す手間を省いて総務部に回すことがあったそうです。

出納責任者は切手の細断処分を実行する立場だったのですが、立会人もおらず持ち出しが可能な状態だったため、これだけ多額の着服ができたんですね。

神田郵便局でも、郵便部課長代理だった50代男性が未消印の切手を持ち出していたとみられ、換金額は14~16年度で計約4億円

起きたことも問題ですが、日本郵便はいまだ公式発表していません。

2局で5億円ですから、全国で本格的に調べたほうがいいと思います。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2019年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

三宅雪子の「こわいものしらず」VOL206(11/1)

・切手着服がなぜできたのか
・フードロスの取組み
・健康で文化的な最低限の生活
・ひきこもりと発達障害
・グレタ・トゥーンベリさん
いますぐ初月無料購読!

image by:nui7711 / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2019年11月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ソフトバンクが死ぬ日~孫正義氏、投資で大失敗。次のリーマン級危機が起きたら崩壊へ=鈴木傾城

【関連】セブンイレブン、業績好調なのに大量閉店の闇~月収26万円で疲弊するオーナーたち=栫井駿介

【関連】40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今市太郎

1 2

三宅雪子の「こわいものしらず」』(2019年11月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

三宅雪子の「こわいものしらず」

[月額880円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日]
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、三宅雪子独自の語り口で、あたたかみのある中にも、言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。加えて、「教えて!○○さん」「名言・迷言・明言」「永田町コトバ」「ヒトリゴト」「話はそれますが…」など、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー